東京都山岳連盟加盟の山岳会 山人ノマドです。

会員の山行記録、会の行事などを紹介していきます。

赤岳鉱泉周辺事情

 

f:id:yamanomad:20120614175940j:plain

6月14日、ツクモグサを見るために八ヶ岳に来た。

半年振りの美濃戸口。登山道入口で大き目の白いスミレが目に付く。ミヤマツボスミレか。

その後もイカリソウ・ベニバナイチヤクソウなどが現れる。

ヤツガタケタンポポであろうか、綿毛が飛んでいる。

平日のためか、テン場は小生と女性2人組のテントが2張りのみ、夕食が2000円ということで頼む。18時に食堂に行くと、小生のみの貸切であった。泊り客は無しという。風呂も焚かれていなかった。

f:id:yamanomad:20120615074320j:plain

翌日、4時出発。朝日が赤岳を赤く染める。

赤岩ノ頭を過ぎるとキバナシャクナゲが出てきた。

硫黄岳山荘からいよいよ横岳への登りである。早速、オヤマノエンドウの群落。

ツクモグサの期待が高まる。西壁側にちらほらあったが、日ノ岳で群落に会えた。

花を見ながらのんびり歩くが、地蔵尾根下降点に815分到着。

赤岳への登り返しがしんどそうなのでパス。

地蔵尾根下部は残雪が凍りつき、融けたところはぬかるみで歩きにくい。

鉱泉に930分に戻り、夕食用に持ち込んだカレーライスを食べ時間つぶし。

11時に出発するも美濃戸口に13時に着いた。バスは15時までないので、八ヶ岳山荘で風呂に入る。モンベル会員証をみせれば入浴料500円はただになる。