東京都山岳連盟加盟の山岳会 山人ノマドです。

会員の山行記録、会の行事などを紹介していきます。

熱中症について

 

6月27日

本日、職場で熱中症の勉強会がありました。

↓以下、資料より抜粋

〈熱中症の分類〉

軽症Ⅰ度・日射病、熱痙攣…めまい、立ちくらみ、筋肉のこむらかえり、発汗、高体温でない

→水分、塩分の補給

中等度Ⅱ度・熱疲労…意識障害、頭痛、吐き気、嘔吐、低血圧、発汗、体温38度以上40度未満

→足を高くして休む、水分・塩分の補給、自分で水分・塩分を摂れなかったらすぐに病院へ

重症Ⅲ度・熱射病…昏睡、痙攣、高体温、低血圧、皮膚乾燥、体温40度以上

→水や氷で体を冷やす、救急車を要請する

 

暑い日の登山中、大量に発汗した後、足が痙ったことはありませんか?

このような場合も軽度の熱中症と言えますね。

f:id:yamanomad:20120627222537j:plain 

この後けいことFさん痙りました

 

今日の勉強会では、

軽症・Ⅰ度の患者さんの対応として

①バイタルサイン測定

②血管確保(生理食塩水の点滴)

③飲水可能ならスポーツドリンクを飲んでもらう。

④症状が落ち着いたら着替えをする。(体を拭く)

 

山では点滴はできないので、

①スポーツドリンクや塩水を飲む。

②日陰などで休む。

③体を拭く。できたら着替えをする。

 

余談ですがポカリとアクエリアスは、

ポカリのほうが塩分が多くアクエリアスのほうが糖分が多いため、

熱中症にはポカリが有用ですね。

ドラックストアの熱中症コーナーには、

塩分0.1パーセントのタブレットも置いてあるそうですよ。

 

 夏山にはポカリと塩タブレットは必携ですね。

 

 f:id:yamanomad:20120627230031j:plain 

来年は北鎌行きたいな

 

けいこ