東京都山岳連盟加盟の山岳会 山人ノマドです。

会員の山行記録、会の行事などを紹介していきます。

尾瀬・笠科川タル沢ワル沢遡行・井戸沢下降

f:id:yamanomad:20120710095627j:plain

 

昨年、笠科川流域は本流、スリバナ沢を遡行している。

今年、岳人7月号にも紹介されている、タル沢ワル沢と井戸沢をつなげて10日遡下降した。

タル沢に入ると、第一ゴルジュ、第二ゴルジュが続けて現れる。ここが核心部。

ワル沢に入ってもナメが続く。トヨ状の滝はつっぱりで越える。

1570mの二俣は右へ入る。ここから岩質が変わるが、ナメがさらに続く。

尾根の乗越はコンパスを頼りに笹をこぐことが大切。

戸沢はナメ滝のオンパレード。一ノ瀬川センノ沢よりも長い。