東京都山岳連盟加盟の山岳会 山人ノマドです。

会員の山行記録、会の行事などを紹介していきます。

連休の八甲田山スキー

W記

連休後半5月3日~6日まで八甲田山山スキーに行ってきました。

八甲田山は明治35年日本陸軍第8師団が冬季雪中行軍中に猛吹雪に遭遇し210名中199名が死亡した事件があった場所で有名です。現在は周回舗装道路に囲まれどこに滑り降りても道路に会合ができ、ツアーコースも豊富にあり技術や経験に合わせて山スキーが楽しめる場所になっています。

5月3日

初日は新青森駅からバスで八甲田ロープウエイ横の八甲田山荘に入り酸ヶ湯に降りる中央ルートを滑る予定で出かけました。

これが八甲田ロープウエイです。101人乗りで混んでいるときは1時間待ちもあるそうです。670mから10分で1320mまで連れて行ってくれます。

f:id:yamanomad:20130504123317j:plain

ロープウエイを降りると猛吹雪でした。この視程と風の中を雪中行軍に

出発です。

f:id:yamanomad:20130504125347j:plain

最初はダイレクトコース方面に入ってしまいましたが、地元ガイドのアドバイス

もあり予定コースに合流。コースごとに目印の竹竿が25m~30mおきにさしてあ

るのでそれを追いながら進みました。見えなくなったときはあらかじめコースを

登録しておいたGPSで位置と方向を確認して進みました。途中壊れた避難小屋で

休んだ後、悪視程下を竹さおを追っかけて進んでいくと方向的におかしいことに

気づきGPSを見ると酸ヶ湯に降りるルートから城ヶ倉温泉に降りるルートに迷い込んだことが判明。登り返すのも大変なのでそのまま降りました。初日から反省。

やっとガスの下におりて一休みする皆さん。

f:id:yamanomad:20130504103933j:plain

5月4日

2日目は箒場岱ルートに出かけました。本日もロープウエイを降りると

ガスと強風です。今日は赤倉山と井戸岳のコルに向かって直登し、そこから

東方面にまっすぐ滑り降りる予定でした。途中ガスの中から前の集団に

追いつきました。ガイドツアーの団体の方達でした。高度を上げるにつれ

風がどんどん強くなって来てガイドツアーはコース変更をするようです。

我々もこのまま登っても危険と判断しシールを外しにかかりました。出発

準備ができたころにツアーの方たちはガスの中に消えていきました。

登ってきた所から30度程右下方向に降りて八甲田温泉ルートに会合しようと

滑って行きましたがほとんど前が見えなくいきなり谷でも現れたらとGPS

をにらみながら少しずつ降下していきました。途中左にトラバースして

竹さおを見つけ八甲田温泉ルートに会合しました。

f:id:yamanomad:20130504103949j:plain

竹さおを見つけてしまえばもう安心です。どんどん下に滑っていきます。

途中からガスが晴れて八甲田温泉入口に予定より早く到着しました。

箒場岱にタクシーを頼んでいたので変更の電話をして無事山荘に到着。

時間に余裕があったのでもう1本ロープウエイに乗り滑走距離5KMの

フォレストコースを楽しみました。

f:id:yamanomad:20130504132326j:plain

5月5日

今日は昨日のリベンジをすることに決定しましたが、仕事の都合で今日帰る

Iさんとはお別れ。彼女は酸ヶ湯に行ってひば千人風呂を体験してから青森

市内観光と海鮮市場でのっけ盛りを食べて帰るそうです。

天候は高曇り、時々ガスも流れてきますがロープウエイ頂上駅も時折見えています。

ゴンドラを降りるとこの3日間で一番良い感じ。さっそく出発です。

今日は行く方向や竹さおも何本も見えます。

f:id:yamanomad:20130505075108j:plain

コース右には田茂萢岳も見えます。

f:id:yamanomad:20130505075103j:plain

今日は赤倉山を直登しないで途中まで宮様ルートを行きます。

ここを下っていくのが宮様ルートです。

f:id:yamanomad:20130505081459j:plain

宮様ルートの22番位から左側の尾根に取り付きます。ここからは竹さお

はありません。地図とGPSで位置を確認していきます。遠くに先発した

ガイドツアーの一行が見えます。

f:id:yamanomad:20130505083655j:plain

 避難小屋までもうすぐです。風が強くなってきました。

f:id:yamanomad:20130505092114j:plain

避難小屋は男女別のトイレもあって快適でした。ここでコーヒを沸かして

昼休み。外は風がビュンビュンでした。

f:id:yamanomad:20130505094201j:plain

避難小屋からガスの中を北北東の方角に井戸岳をトラバースして赤倉山とのコル

下に出ました。ここから大きな雪渓を豪快に滑り降ります。

f:id:yamanomad:20130505102313j:plain

この辺から雪が悪くなってきて全然滑りません。シールを付けて滑って

いるようです。ここから右寄りに降りていくと樹林帯が現れ、ほどなく

茶屋に着きます。

f:id:yamanomad:20130505103232j:plain

茶屋裏に到着しました。お疲れ様でした。

f:id:yamanomad:20130505110842j:plain

今年から周遊のシャトルバスが赤字で廃止になったので八甲田ロープウエイ会社

が1日3便小さなマイクロバスを出しています。我々は15時半のバスを予約していまし

たが、思いのほかスムースに進んだのでちょうど来た13時半のバスに変更をお

願いしましたが定員オーバーでダメでした。この茶屋に2時間お邪魔してしまい

ました。もちろん美味しいラーメンも食べてビールも飲みましたが・・・・・

ここは2012年に亡くなった髭の殿下の愛称で親しまれていた寬仁親王が好きな茶屋だったそうで店の皆さんと写したお写真もありました。山スキーがお好きだったようで

八甲田にはよくいらっしゃっていたようです。

f:id:yamanomad:20130505131122j:plain

八甲田山荘で最後の晩餐?風景 メニューはしゃも鍋です。

f:id:yamanomad:20130505160203j:plain

5月6日

最終日はロープウエイ回数券消化のためダイレクトコースを1本滑って

帰京するはずでしたが、天気は4日間で一番良かったにもかかわらず強風で

ロープウエイは運休でした。今回行ったメンバーで筆者と他2名は初めての

八甲田でした。天気には恵まれませんでしたが雄大な八甲田山を楽しむこと

が出来ました。同伴の皆さんありがとうございました。