東京都山岳連盟加盟の山岳会 山人ノマドです。

会員の山行記録、会の行事などを紹介していきます。

アルパインクライミング@一ノ倉沢南稜

 

 

 

84です。代表のW氏にお付き合い頂き、一ノ倉沢南稜を登攀してきました。

 

 

2013年6月22日(土)、二俣川駅集合、W氏の車(超ハイテク!)にて谷川岳へ出撃。

 

W氏が登山指導センターに問い合わせた情報だと、午前中は土砂降りとのこと。

明日はやばいかもなぁ~なんてボヤキながら走っていると、谷川方面はどんより分厚い雲が・・・。

関越道も途中雨が降ったり止んだりしてました。。。

 

 

 

 取り敢えずベースプラザ駐車場到着。BC設営後、「明日は雨なら西黒尾根でも上がりましょうか?」 「そうだな~、足慣らしでもしようか。」 なんて調子で軽く?宴会して早めに就寝。 

 

 

翌3時半起床、雨は降っていない様子だったので、BC撤収後出発。規制により出合いまで車が入れない為、約一時間くらいのアプローチ。林道のアスファルトは前日の雨で濡れていました。

 

 

 

 出合いに着くと上部に分厚い雲を被った一ノ倉沢の岩峰郡がおどろおどろしい姿で目前に迫り、まさに圧巻・・・ってより怖いよぅ。。。

出合いの駐車場には梅雨の間を狙って、たくさんのパーティーが準備していました。

 

 

f:id:yamanomad:20130623051753j:plain

 

 何度も登られているW氏は、「じゃあ行こうか~、フンフンフ~ン♪」 

なんて鼻歌まじりに南稜テラスに向けアプローチ開始。

 

 

 

f:id:yamanomad:20130623053412j:plain

 

 雪渓を歩きテールリッジ取り付き。岩は濡れており、早くも先行パーティーの渋滞発生。

 

衝立岩が目の前に迫った頃、中央稜、中央カンテに取り付くたくさんのパーティーが見えました。

 

ようやく南稜テラスへ到着したところ、なんと4パーティー待ちでした。仕方がないので準備をしながら他のパーティーの方々と話していると、W氏が以前教えた生徒の方がいらっしゃいました。こんなところで再会なんてすげぇ。ってかしっかり育たれています。

 

 

f:id:yamanomad:20130623070245j:plain

 そんなこんなでいよいよ登攀開始。1P目はリードさせてもらう。

岩は濡れていてめっちゃ悪い。終了点は渋滞していてしばらく上がれなかった。

 

2P目はW氏リード、自分はセカンドで上がるがやはり濡れていて悪い。

 

 

3P目は草付き歩き。コンテで。

 

4.5.6Pはリードさせてもらう。

f:id:yamanomad:20130623092754j:plain

 ビレイ中のW氏

 

 

 4Pでは目を疑うような事件があった。

 

 

 

f:id:yamanomad:20130623110611j:plain

 5P目は高度感あり。これぞ本チャン!って感じで気持ちいい~~!!でも渋滞。

 

6P目は核心と聞いて気合が入るが、びちょびちょでなんだか分からないうちにリップのガバを取ってマントル返して終了。しょっぱかった;

 

 

f:id:yamanomad:20130623120424j:plain

  6P目のW氏

 

 

f:id:yamanomad:20130623124206j:plain

殆どの先行パーティはトップアウトした様子だが、我々は終了点から懸垂下降。途中渋滞したが、4回で南稜テラス着。

 

 

f:id:yamanomad:20130623114607j:plain

 安堵して帰る準備をしたが、ここからが本日の核心でした。

 

 

 

下降路は沢靴が欲しいっ!ってくらいびちょびちょ&落石まであり。怖いよぅっ!

 

ロープを出しつつなんとか出合いまで降りてきました。疲れた~~~。。

 

 感想

びちょびちょの岩は怖かったけど、素晴らしい登攀だった。最高!!

 

何より憧れの一ノ倉沢で本チャンデビューさせて頂いたW氏と会に心底感謝したい。

次は中央稜を登ってみたい。

 

f:id:yamanomad:20130623154425j:plain

 4:20ベースプラザ-5:06一ノ倉沢出合い-5:34テールリッジ取り付き-6:42南稜テラス-8:35  登攀開始-12:15終了点-13:49南稜テラス-15:44一ノ倉沢出会い