東京都山岳連盟加盟の山岳会 山人ノマドです。

会員の山行記録、会の行事などを紹介していきます。

2 Sunny Girls in A・MA・KA・ZA・RI !!!

週末の天気が気になってしかたがない・・・

沖縄の下には台風がふたつ・・・

今週末の天気も雨模様なら、

紅葉狩り本番の10月半ば次の3連休も傘のマークが。

週末の天気予報にやきもきしながらきた金曜日。

やはり雨。週末の天気予報も雨。

行くだけ、行ってみようか。

晴れ女だよね、どちらかが・・・と腹をくくり、雨の中、

土曜早朝、F森さんの車で一路小谷村へ。

 

途中からは雨もあがり、道の駅に立ち寄り地元で採れた食材を買う。

雨飾高原キャンプ場に12時半着。

駐車場横のテント場にはひとつもテントは張られていない。

管理棟の人が言う、

「ラッキーですね、明日の朝、車は100台はとまってますよ。」

この時点で、天気予報は曇りから晴れマークに変わっていた。

鈍よりした曇空の下、駐車場から車で10分「鎌池」を散策。

雨飾の山頂はガスで見えなかった。

 

特にやることもなく、4時過ぎには二人でワインとつまみ、しめは鍋焼きうどん。

その頃、テント場のテントは10張。

 

最初から、行くだけ行って、温泉入って、紅葉見て、ドライブして、、、

雨飾高原キャンプ場の偵察だけで終わると思っていたが、

夜中、テントから見た空には満天の星が、、

晴れ女はどっち、どっち、どっちよ?!

 

日曜・4時起床。

5時半出発。もちろん快晴。もちろん駐車場はいっぱい。

登山口からちらほら紅葉した木々、見上げれば青くどこまで高い秋の空、

黄色もオレンジも、鮮やかな青い空に見事に鮮やかに燃えている。

なんとも美しい日本の秋の山。

 

雨飾山は、400mで1/11800mで2/11と、400m毎に山頂まで標識がある。

標識6/11、半分を過ぎたあたりから急登となる。いくつかの梯子をのぼり、

山頂直下は熊笹の茂る平坦な道が続く。

山頂はその名のとおり雨やガスが多いところ。

休憩をはさみながら、高度を上げるたびに色づく山を愛でながら、3時間半で山頂。

すぐ目の前には日本海、糸魚川が見える。

山頂でコーヒーを飲みながら15分ほどであっという間にガスがわき、

後ろの山も目の前の白馬も、ガスの中に消えてしまった。

あとから登ってくる人にはちょっと気の毒。。。

 

9時半下山。 えっ、9時半下山? 早いね。

登る時にはそんなに気にならなかった急登も、下山は膝にこたえる。

また、天気予報の好転に雨飾山を選んで来た人も多く、

下山は、登り優先で待つ時間が結構長い。

100名山ゲットで、和歌山や山口、奈良からバスを利用してきたツアー客が、

20人、30人の団体登山者ではしごはどこも渋滞になる。

紅葉本番の次の3連休でなくて、ほんとは良かったかなと思いながら、

2時間半で下山。

 

F森さん、思いきって来て良かったね!

紅葉が始まったばかりの雨飾山は、深田久弥が選んだ100名山のひとつ、

奥ゆかしく、味のある美しい山でした、、、。

 

f:id:yamanomad:20131006064918j:plain