東京都山岳連盟加盟の山岳会 山人ノマドです。

会員の山行記録、会の行事などを紹介していきます。

3/29 雪たっぷり春の赤岳

メンバー:M田、M   

記:M 

関東でも桜の開花が近づいた3月最終土曜日に、日帰りで赤岳へ行ってきました。

3月頭に1泊のテン泊予定でM田さんと計画を立てていたのですが、Mの事情で中止となってしまい、この日、日帰りで決行という運びになりました。

 

7:00美濃戸口-9:30行者小屋-(文三郎道経由)-11:40赤岳-(地蔵尾根経由)-13:00行者小屋-15:45美濃戸口 

 

f:id:yamanomad:20140330092321j:plain

美濃戸山荘前から南沢ルートへ。

 

f:id:yamanomad:20140330092436j:plain

行者小屋で小休止、ここでピッケルとアイゼンを付け、赤岳へ。

雲一つなく、微風、最高のコンディションに恵まれました。

 

 

f:id:yamanomad:20140330092457j:plain

文三郎道も雪たっぷりで、階段は完全に埋もれ、鎖も殆ど出ていません。

 

 

f:id:yamanomad:20140330092525j:plain

コンディションによっては雪崩にも注意しなければいけない赤岳←→阿弥陀分岐手前のトラバースも、雪がしまっており、しっかりアイゼンを効かせて進む事ができました。

 

f:id:yamanomad:20140330093031j:plain

次第に北風と変わってきた中、赤岳山頂は足早に通過。

山頂から下山するM田さん。

 

f:id:yamanomad:20140330093102j:plain

地蔵尾根から下山するM田さん。

 

この日はネックゲイターやバラクラバを使う必要もなく、オーバーグローブも殆ど使わずでしたが、やはり今年は雪が多かったのか、たっぷりと残っていて、ほどよく締まっており、残雪期の赤岳を大満喫できました。

 

同行頂いたM田さん、1泊の計画→日帰りに変更になりましたが、ありがとうございました!

道中は終始、笑わせて頂き、楽しい山行でした!

次回は私のお腹のゼイ肉を使った一発芸の開発にも、更なるアドバイスを宜しくお願いします!