東京都山岳連盟加盟の山岳会 山人ノマドです。

会員の山行記録、会の行事などを紹介していきます。

雪雪雪@守門大岳山スキー(3/22)

メンバー:K猫さん、BB、DAIちゃん、Y子(記)

 

昨年はずらっと路駐の車が並んでいたが、二分の駐車スペースが
1台分空いていた。ラッキー。我々は7台目だったか。
雪は止まず、各パーティー遅め出発で支度をしている。 

 

駐車地点よりスキーにシールを装着してスタート。
雪が多くて守門の景色が一変している。
橋を越えてボチボチ登り始める。急登の小尾根はY子を除き
シール装着のまま登行。本日スキーの担ぎは無し。
久々の雪山、枝についた雪景色が美しい。

f:id:yamanomad:20140322100738j:plain

入山は数パーティーだが先行者トレースはばっちり。
ふと気づけば左手に保久礼小屋。でもまだ300mしか登っていない?
小屋を超えると本格的な登り。
雪は止まず。標高1000mに到達したので本日の登行終了。 

 

そこそこの斜度と、ブッシュの斜面で滑走開始。
うーん、滑りにくいよー。
Y子トップで行くが難儀し、BBに先行してもらう。
大回りでターンせよとのアドバイス。
雪はパウダーで最高なのだが、滑りがついていかない。。

 

木々の間を縫って滑り、あっという間に保久礼小屋合到着。
振り向けばDAIちゃんが華麗なターンで小屋前の斜面を滑ってくる。
本人もご満悦の様子。 

 

小屋前で軽くコーヒーブレーク。
元気な先行パーティーは登りかえしてまた滑っている。
先行パーティーによると1200メートル地点でカリカリの雪であった
とのこと。

f:id:yamanomad:20140322124147j:plain

後は登ってきたルートを忠実に戻る。
転んではいけないのだが、ゲレンデとは勝手が異なるなーと
思いつつ、滑りあり、転倒あり。
ラストのK猫さんは、山の中でもいつもながらのスピード感溢れる
滑り。 

 

今シーズン最初の山スキーは、もう少しスキーを楽しみたいなと
思った一本。山スキーは道具とスキー技術の差が如実に
出ると改めて感じた一日だった。

 

8:30出発 10:40保久礼小屋 12:00 1000m地点滑走開始
12:25保久礼小屋着(コーヒーブレーク)14:00駐車スペース着