東京都山岳連盟加盟の山岳会 山人ノマドです。

会員の山行記録、会の行事などを紹介していきます。

高宕山ハイキング

11月8日

メンバー F森、WS、I井記

高宕山沢歩きの予定が急遽ハイキングへ変更となりました。

 

f:id:yamanomad:20141108093015j:plain

鎖場あり、地図読みあり(汗)

千葉の低山、侮ることなかれ

f:id:yamanomad:20141108105745j:plain

千葉の山々を眺めながらランチタイム

f:id:yamanomad:20141108114332j:plain

大滝を確認して

f:id:yamanomad:20141108131202j:plain

宿原バス停前のお店でお茶をいただき、

お土産買って帰ってきました。

f:id:yamanomad:20141108151615j:plain

女三人珍道中。

楽しかったで~す。

 

 

WS追記

はい〜!

凄く楽しかったです!低山なのに

はしごがあったり驚きの連続でした

そして、

山の情報が少なく略図しかない時は

コンパスや地形図は必須だなあ〜

と今回は実感しました〜

そして大滝までの道は

ツルツルな石が多く滑りやすい所で

かなりびびった私に滑り止めを

貸してくれたF森さんありがとう

ございました!

またみんなで地図読みしながらの

山旅に行きたいです!

 

F森記

高宕山山頂(315m)より九十九谷の墨絵のぼかしのような景観を楽しむ。

山頂はせまく崖の上で千葉の山にしてはスリルあり過ぎ。

高宕観音では(高宕山を愛する会)の達人より美渓の沢のお誘いを受けるが我らが目指すのは大滝。ここで4人のハイキング男性にあったのみ。

40分歩いて大滝に到着!思っていたより小滝でした。

林道に出て関東ふれあいの道の略図をみて歩きだすも道が行き止まり。地図コンパスで行き先を確かめ・歩道に出てスマホでバス停までのナビをたしかめているI井さん・WSさんを後ろで見ていて頼もしい感じがしました。

今回は沢遡行から急遽ハイキングに変更。

共同装備も無い中の山行になりましたが個人装備では意外といざという時の最低の物は持っているものだと再確認。

ただ女三人にしては今回行動食が少ないね~と笑いながらの山行になりました。