東京都山岳連盟加盟の山岳会 山人ノマドです。

会員の山行記録、会の行事などを紹介していきます。

gw@小川山ボルダー

gw@小川山ボルダー

 
5月2〜4日 小川山に行って来ました。
84(記)、O原
 
day1 5月2日
晴れ渡った小川山。フリクションも抜群!
 
まずは長らく宿題となっている三日月ハング(一級)
核心のムーブを色々試してみるが一向に止まらず。4.5便出すが登れる気がしない。この課題、マジで苦手系なのか‥‥またも回収できず。。。
 
いきなり出鼻を挫かれた感じだったが、気を取り直してサブウェイ側の無名のランジ課題(一級)をトライ。被りの下部からダブルダイノでリップを引っ叩く課題。5回くらい飛んだら止まった。コツが分かれば簡単かもでした。

f:id:yamanomad:20150508235427j:plain

 
次にファンタジー岩に移動。O原はjsスラブ(4級)にトライ。上部のガバ目指してひたすらスメアで立ち込みの課題。震える足を信じて完登!
 
84はモルボル(初段)を触るが、前回よりも高度が下がってしまい敗退。何故‥‥
 
 
 
day2 5月3日
快晴。朝一でクジラ岩へ。相変わらず盛況のクジラ岩。今日もO原は目標の穴社員(3級)をトライ。左カンテからポケットホールドを繋いでいく小川山の代表的な名課題。
この日は核心のムーブまであと一歩というところまで進んだ。各駅だが確実に進んでいる。秋には登れそうだ。
 

f:id:yamanomad:20150503082039j:plain

 

次に雨月岩の周辺を目指して歩いていると、分岐岩に誰もいない。少し考えたが去年のgwにトライして登れなかったMNP(一級)をトライすることにした。

 
左足のトゥーフックを解除する際の振られ核心。4便くらいで完登。ムーブがダイナミックで面白い。一年後しの完登となった。
 
 
分岐岩を離れ石の魂の前を通り掛かると、同じジムのKさんに会った。石の魂をトライしているのかと思いきや、モチが上がらず取り敢えず観戦中だというので、一緒に雨月周辺にいくことにした。
 
雨月岩周辺の縦ダイク(3級)を皆でセッション。キレイなカチのフェースで苦手系とおもったが、4便くらいで登れた。カチラーのKさんも安定の完登。O原もがんばったが完登ならず。でも課題は気に入った様子でよい種まきになったとのこと。
 
時間もまだあるのでKさんと別れナイトナース崩壊後のエリアへ。
 
O原はルーとメイ岩の3級、2級をトライ。SDが苦手なO原。離陸が出来ない。バラしということで立ちスタートで登った。ジムでSDを練習してまたトライしたいと言っていた。
 
自分は隣のキングチョックレフト(1級)をトライしてみた。ルーフから飛び出して直上する課題。ヒールフックとトゥーフックを駆使する。まさにジムナスティック!得意系、2便で登れた。

f:id:yamanomad:20150503165458j:plain

 
これにて二日目終了。明日はルートの予定だ。
 
 
 
 
day3
最終日。この日はルートクライミングの予定だったが、明け方に激しい雨が降った。起床時はやんでいたが、いつ降ってもおかしくない天気。これではルートに行っても何本も登れないだろうということで、ボルダーに変更、雨が降ったら撤退の予定とした。
 
O原が昨日の縦ダイクをトライしたいとのことで雨月周辺へ。大分固まってきたが、3日目ともなると指皮ズルズル、背中バキバキで完登ならず。最後に近くのカモシカカンテ(5級)にトライするもヨレ敗退。フレッシュな状態なら二つとも登れそうだった。
 
帰り道、涙岩の前に誰もいなかったので、一手物の1級(通称 命)にトライした。両手アンダーからリップに一手の課題。4.5便で完登。核心はリップを止めた後、振られて後ろの木にぶつかるのを如何に振られないように抑えるかだった。
 

f:id:yamanomad:20150509000115j:plain

 

f:id:yamanomad:20150509000113j:plain

 

 

 
これにてgwの小川山は終了。そして本当の核心だったのは、やはりUターンラッシュ渋滞なのでした。