読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京都山岳連盟加盟の山岳会 山人ノマドです。

会員の山行記録、会の行事などを紹介していきます。

子持山獅子岩

 

7月11日 子持山獅子岩に84.O原で行きました。

f:id:yamanomad:20061125082521j:plain

 

この日は梅雨の晴れ間というより真夏日でした。

 

アプローチは、子持山登山口より沢沿いの整備された登山道の急登を登り、南壁基部取り付きまで40分くらいでした。途中、縦走路や細かい踏み跡が多数あり、間違いやすいです。

 

ルートは全7ピッチでトポのグレードは5.7。最後は獅子岩の頂点へ突き上げます。

よく登られている様子で、支点もアンカーボルトが短い間隔で打たれていました。

 

今回はシングルロープ60mを使用。

取付に荷物をデポし登攀開始。

 

 

 

f:id:yamanomad:20150711114633j:plain

 

 1P~2P 84リード

1Pと2Pは繋げて登る。緊張が解けず苦労した。ランナーはヌンチャクのみ。

 

3P O原リード

大フレーク左側のフェースを登る。15mくらい。危なげのない安定した登りを見せてくれた。

 

4P 84リード

核心のピッチ。15mくらい。トポでは5.8。体感は5.9だが緊張が解けた為か登りやすく感じた。

 

5~6P O原リード

5.6Pは繋げて登る。25mくらい。5P目は右へトラバースする箇所があり、やや細かい。又、トラバースした為、ロープの流れが少し悪くなった。

左にもボルトが打たれており、そちらからも登れそうだった。

O原は少し苦戦したが、ノーテンで抜けた。

 

7P 84リード

7ピッチ目はおまけのような感じで、7mくらいの凹角を登る。裏手に回れば梯子あり。ボルダーチックで得意系だった。

 

下山は登山道を下山。南壁取付まで20分くらい。下山時も踏み跡が多数あるので、間違わないように注意が必要。同ルートを懸垂もできるが、週末はよく登られている様子なので、靴を持って登ったほうがよい。

 

f:id:yamanomad:20150711134334j:plain

6P終了点より

 

f:id:yamanomad:20150711134600j:plain

 獅子岩山頂にて

 

感想

南面なのでこの日は暑かった。我々のほかに、3パーティほど登っていた。

グレードは想定よりも辛めで、トップロープで10aは登れないときつそう。

ロープは懸垂するならダブルがよいと思う。ヌンチャクは14本程度必要。

 

この日は渋滞もあり、かなり時間がかかったが、次回は2時間以内を目指したい。

記84

 

O原:

簡単なグレードだったので、気持ちよく登りロープワ-クの練習と思っていましたが、思ったよりも辛く感じました。

ガバもありますが、押さえて登る箇所やスメアも割りとあり

探しながら一手一手登ったため時間がかかってしまいましたが、

終始ノ-テンで行けたことでまずうれしかったです。

 

後続のパーティーに追われることも初めてのことでした。

グレード関係なく、ここを登れたことが嬉しく、大きく記憶に残る山行となりました。

 

もっとたくさんの経験を積んでいきたいです。