東京都山岳連盟加盟の山岳会 山人ノマドです。

会員の山行記録、会の行事などを紹介していきます。

年末山行:赤岳

記:w田

場所:赤岳

日時:12月16日~27日

メンバー:w田、w田幸、ゲストK林

年末に2回も続けて赤岳に行くとは思っていなかった。今年は4000年に一度の暖冬。山も雪は少ない。

例によって赤岳山荘の駐車場へ。満杯である。かろうじて下の駐車場に止められた。

今回はw田(幸)とその友達のセフティー役を買って出た。

f:id:yamanomad:20151229100951j:plain

赤岳鉱泉までの道は雪が少ない割には凍結場所などあって歩きにくい道になっていた。

午前中は雲に覆われていたが徐々に晴れ渡り、近づくにつれて山が綺麗に見えてきた。

f:id:yamanomad:20151229114742j:plain

赤岳鉱泉到着。アイスキャンディは沢山の人がアイスクライミングを楽しんでいた。

f:id:yamanomad:20151229122057j:plain鉱泉到着後荷物片づけて中山展望台に山を見に行く。

f:id:yamanomad:20151229141006j:plain

当日に入山した西岳メンバーと無線連絡を取るが電波は弱くてはっきり聞き取れない。無事に青年小屋方面に向かっているようで安心した。小屋に帰る途中で雪崩ビーコンの訓練を実施した。

赤岳鉱泉の夕食は豪華であった。

f:id:yamanomad:20151229173455j:plain

f:id:yamanomad:20151229173509j:plain

翌朝は最高の好天。06時40分出発。文三郎を登り、主稜を見ながら稜線に立つ。好天と言えどやはり風の通り道だ。冷たい強風が吹きすさぶ。西岳パーティと連絡が取れる。朝8時30分時点でもう西岳山頂にいるらしい。こちらの状況を連絡した。

九州に帰るI江君とさよなら交信も出来た。またお会いしましょうね。

f:id:yamanomad:20151230092935j:plain

 

赤岳山頂には9時28分無事到着。頂上で景色を堪能後、展望荘で休憩後地蔵尾根を下る。好天に恵めれて赤岳山頂を踏むことが出来た。

 

追記W田幸

年末に友人と赤岳に行きたい!その願いが会長のサポートで実現できました!!初日は赤岳鉱泉までのんびり旅!時間があったので中山展望台散歩!展望台からの景色は最高でした!そして鉱泉までの帰り道にビーコン練習をしました!ビーコンが埋まっている所を見つけると私達は子供のようにキャーキャーいいながらあった〜!と叫びまくりました(笑)  そして…夜の食事前に軽い宴会、豪華な夕食、そしてまた宴会という楽しい夜になりました!

2日目は絶好の登山日和で赤岳を目指しました!文三郎尾根からは主稜に挑戦する人達も良く見えました!主稜アタックする姿はとても格好良く何度も何度も足を止めて見惚れてました!

そして文三郎尾根核心の最後の岩と雪のミックスは広沢寺の岩トレのおかげで、ものすごく楽しかったです!

赤岳山頂では最高のビュー!               素晴らしい景色は本当に幸せでした! 途中、赤岳天望荘で美味しいおしるこを堪能し、お地蔵さんに感謝しながら無事下山。今回は好天に恵まれ贅沢な小屋で宿泊、久しぶりに合流出来た友人と念願の赤岳登頂、会長のサポートという豪華な山旅になりました!本当にありがとうございました!!