読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京都山岳連盟加盟の山岳会 山人ノマドです。

会員の山行記録、会の行事などを紹介していきます。

強風、青空、天狗岳♪-12月29日~31日-

L /T島、K林、H野

12月29日に茅野駅からバスで渋ノ湯ヘ。
バスを降りて対岸の斜面を登り、パノラマコースとの分岐手前で休憩をとる。雪山テント山行の荷物は重い。
14時すぎに黒百合ヒュッテ到着。テント設営の手続きを済ませて、寒風の中でテントを張る。
f:id:yamanomad:20161229150806j:plain

料理用の水つくりの雪を集めて、テントの中へ。
中山展望台まで足慣らしを兼ねた雪上訓練は、テント設営に手間取ったことから中止した。
暖を取り、夕食づくりへ突入し、そのまま宴会、早めに就寝。
12月30日、深夜から明け方に3センチの降雪。朝食後、東天狗に向かう。
樹林帯を抜けると、東天狗、西天狗が青空に大きく映えている。
f:id:yamanomad:20161230091012j:plain


東天狗への急坂をゆっくり登り、右手にまわりこみながら岩稜をやりすごして頂上へ。
途中でT島、K林ともにアイゼンがたびたびはずれる。
f:id:yamanomad:20161230095404j:plain

ベルトの締め込み弱かったり、前コバと止め金具のズレがあったことによる。
岩稜に行く前にはアイゼンの点検は欠かせないと反省。風が強いため西天狗へはカットして、中山峠に戻る。ここからニュウへ向かう。
霧氷できらめく樹林帯をすすみ、1時間ほどでニュウの岩峰にたどりつく。眼下に白駒池が白
く輝いている。
f:id:yamanomad:20161230121852j:plain
f:id:yamanomad:20161230123006j:plain


H野さんが14時ごろに小屋に到着予定なので、その時刻に合わせて小屋にもどる。
f:id:yamanomad:20161230144510j:plain

今夜はH野さんと一緒に小屋に泊まることへ。
T島、K林はテントで夕食をして、つまみを持って小屋のストーブを囲んで宴会に。


小屋ではケーナの演奏がおこなわれた。
f:id:yamanomad:20161230192945j:plain

それに聞き入ったあと、
ビール缶を持って暖かい布団に潜り込む。
12月31日、テントでゆっくり朝食をとり、11時35分の渋の湯発のバスに
間に合うように下山した。この日は登ってくる登山者が多かった。

●K林です。今回冬山初テント泊しました。
氷から水を作る、冬山でのテント幕営の仕方など体験。また寒いのでたくさん着込み、夜ガスをたいてテントの中を温かくするなど。。しかし、朝方は寒かった(T_T)
小屋にも泊まりましたが、またテントにはない雰囲気で両方楽しめました。