東京都山岳連盟加盟の山岳会 山人ノマドです。

会員の山行記録、会の行事などを紹介していきます。

唐松岳

L I江、I井

 

3/17(金) ひとり先行して八方池山荘(1,800m)に前泊。

翌18日(土)、AM4時起床。山荘付近で早朝の撮影を楽しみました。

湿気が少なくほぼ無風、空気がクリアで撮影に好条件。

登山日和だったが、予定していた明日以降の登頂のために丸山付近で引き返し、メインは残しておきました。

f:id:yamanomad:20170318064225j:plain

<黎明の白馬鑓ヶ岳>

f:id:yamanomad:20170318073528j:plain

<白馬三山>

f:id:yamanomad:20170318100411j:plain

<雪原より五竜岳望む>

 

19日(日)山麓からゴンドラ駅(始発7:30)の八方駅へ。

7時の時点ですでに100名以上の行列。半数以上が登山者。

ゴンドラ、リフトを乗継ぎ山頂駅へ。9時登山開始。

歩き始めから耐風姿勢を強いられるほどの強風。

ツアー団体など出だしから引き返すパーティが多い。

丸山より先は、さらなる強風とホワイトアウト。丸山2,300mで撤退する。

f:id:yamanomad:20170319093017j:plain

<トイレ辺りの雪原、風が強い>

f:id:yamanomad:20170319115126j:plain

<今日は丸山まで>

f:id:yamanomad:20170319115827j:plain

<帰りはホワイトアウト、何も見えない>


20日(月) 前夜の嵐のような暴風から一転、穏やかな快晴。

やや霞みがあるが、今日は登頂できそうな予感。

8時登山開始、3時間半で唐松岳頂上に着いた。

帰りは写真を取りながらダラダラと下山した。

通常の脚であれば、上り3時間半、下り2時間、合計5.5時間といったところでしょうか(天候が良ければ)。

リフト最終時間は16時でした。AM9時開始だと7時間あるので山麓からでも日帰りで登頂を狙えるだけの行動時間は十分あります。

 

コース全体を通し危険箇所はなく落石の心配もない(ヘルメット不要)。

雪も締まっておりワカン不要。


ルート上に岳樺の潅木帯が2箇所あり、そこでテント泊可能。5張ほどあった。次回テント泊を狙いたい。

f:id:yamanomad:20170320070232j:plain

<穏やかな朝日に染まる五竜 鹿島槍>

f:id:yamanomad:20170320070358j:plain

<そのまま滑っていきそうなI井さん>

f:id:yamanomad:20170322222836j:plain

<やっと登頂できて嬉しい>

f:id:yamanomad:20170320143945j:plain

<白馬を背景に>

f:id:yamanomad:20170320144656j:plain

<雪稜の美しい襞、白馬鑓ヶ岳>