東京都山岳連盟加盟の山岳会 山人ノマドです。

会員の山行記録、会の行事などを紹介していきます。

(鹿島槍もとい)爺ヶ岳東尾根(敗退ッ!・・・で呆けた?)

3月19・20日  T島L・I田♂♀                    I田♂記

 

2泊3日の予定でスタートした計画がすったもんだの末、早朝発の1泊2日爺ッ岳東尾根ピストンに。

メンバーはこのところお馴染みになってしまった練馬三人衆。午前4時に光が丘駅で集合。地元の森林組合に掛け合って車を停めさせてもらい午前9時に歩き出す。

 

出だしの急登でかなりこたえ、最初の30分で早くも「スポンジボブ」状態。快調に歩を進める二人に遅れながらも、なんとか最初の幕営適地の1,750m付近までたどり着く。

 

翌日のアタックのため、もう少し高度を稼ぐべく(2,000m付近まで)歩きだすが、1,850m付近で三人衆、足が止まる。午後1時30分トレースの脇の斜面を整地してテントの設営を開始。明日は午前4時起床、6時行動開始を決め、早々にテント内で宴会。

 

夕食は焼肉!&続々とおつまみ。3人パーティなのに何故かビリー缶×2にコッヘル大×1が登場。担ぎあげた水分はアルコール(ビール)を含めて3人で12リットル以上に(計画書の倍だッ)。そりゃあんた、途中で足もとまりまっせ・・・・。とはいえ美味しい夕食に舌鼓を打ちアルコールが入ればみんな上機嫌!

 

幕営地の整地を始めたころから降り始めた雪は日没後には暴風雪となり一向に収まる気配がなく、切り崩した斜面とテントの間にみるみる雪が吹き溜まっていく。

何度か雪かきを試みたが効果がない。これ以上状況が悪化するとテント自体がヤバそうな雰囲気なので全員起床して夜明けを待つことに。

 

午前6時、朝焼けとともにあんなに吹き荒れていた風がピタリとやんだ。本日は快晴。

降り積もった雪はその後の風ですべて吹き飛ばされ、トレースはバッチリ露わになっている。が、いかんせん行動開始の予定時間は大幅に過ぎており、幕営地も予定の場所に届いていない。断腸の思いで登頂を断念し下山。

f:id:yamanomad:20170320062357j:plain

トレースはバッチリ、手前に見えるピークあたりに幕営できてれば・・・・

 

f:id:yamanomad:20170320074637j:plain

大先輩のお二方にも笑顔がない・・・・俺を睨むな!(笑)