東京都山岳連盟加盟の山岳会 山人ノマドです。

会員の山行記録、会の行事などを紹介していきます。

3月25日(土)、26日(日)赤岳主稜

3月25日(土)、26日(日)赤岳主稜

W田、バンブ、O村、O原(記)

3月25日(土) 行者小屋10時20分出発ー赤岳山頂14時10分ー行者小屋着15時30分 

やっと、赤岳主稜に行くことができました。

 

日曜日の悪天候のため、土曜日登攀に変更。

金曜日の夜に出発して道の駅で仮眠。

 

行者までのアプロ-チで久しぶりのテント泊装備でバテてしまいました。。(みなさんのほうが重いのに、、、)

f:id:yamanomad:20170325061018j:plain

テント場でみたところこれから主稜に行きそうなパーティーは3組位。

結局最後になってしまいましたが、ハ-ネスなど支度をしてから取り付きまで登ります。

f:id:yamanomad:20170325102146j:plain

トラバ-ス手前から見ると、既に最初のチョックスト-ンの所で2人組みが登攀中、5人組パーティーが待機している様子。

時間短縮のため、チョックスト-ンを巻くことに。

若干雪がぐずぐずで足場が滑りましたが、問題なく右側の雪の急斜面を回りこんでチョックスト-ン上、1P目の終了点まで。

 

f:id:yamanomad:20170325115016j:plain

ところどころ頑丈そうなペツルのアンカーが見られ、古いハ-ケン、捨て縄や、お助けロ-プ(20m位?)までもありました。

前のパ-ティーに追いついたのは4ピッチ目あたり。

f:id:yamanomad:20170325121839j:plain

登攀中のパーティーと、もう1パーティーが待っていて何本かのロ-プが見えました。

少々待ちましたが、天気もよくほぼ無風のため少し寒い程度。

そこからも少しの待ちはあったものの順調。

 

f:id:yamanomad:20170325122228j:plain

若干嫌な箇所はありましたが、コンディションがとてもよかったため、

終始快適な登りで、終わってみれば全ピッチノ-ザイルでスピ-ディ-に登頂。

ピ-クを踏んで無事下山しました。

f:id:yamanomad:20170325141707j:plain

 

登攀自体はコンディションが最高に良かったため楽しい!!の一言。

 

地蔵尾根へ向かう下降。下に見えるのは展望荘

f:id:yamanomad:20170325144646j:plain

前方横岳を望む

f:id:yamanomad:20170325145941j:plain

でしたが、冬山バリの重さ(みなさんのほうが重いのに!>> 2回目)に準備不足で反省しました。

赤岳をダイレクトに詰める主稜は冬バリの第一歩、今後に繋げていければと思いました。

阿弥陀を望む。

f:id:yamanomad:20170325145917j:plain

 

*25日土曜日に決行して大正解でした。天気も最高で、雪のコンディションも良くて短時間で登頂が出来ました。私が地蔵尾根で気を抜いて足を踏み外し20m程滑落してしまいました。これで大事故になっていたら皆さんに大迷惑をかけたかもしれません。大いに反省しています。最後まで気を抜かない事が大切だと身を以て思いました。w田


*天気の重要性を物凄く感じられました。アプローチの体力・脚力不足が課題として浮き彫りにはなりましたが、無事リベンジも果たせ充実した山行になりました。バンブ


*興奮しました。O村