東京都山岳連盟加盟の山岳会 山人ノマドです。

会員の山行記録、会の行事などを紹介していきます。

小川山 6月3日

6月3日 小川山

メンバー 84.O原.バンブ


日帰りで小川山に行った。今回はクラックメイン。


朝一でマラ岩、妹岩方面。はじめに「屋根の上のタジヤン」をアップで登った。朝一のスラブで目が覚めた。

f:id:yamanomad:20170603112315j:plain


アップ終了後、妹岩に行き「龍の子太郎」1p目を登った。トップロープを張りO原、バンブ共にノーテン。次はリードできそうだった。


今日の84の目的「カサブランカ」は人気ルートで7人待ち。その間にバンブが「ムードはいい線」をオンサイトをやると言うので、ビレイした。オンサイトは逃したが、トップアウト。次回の宿題となった。


まだカサブランカは空かないが、2人にお願いして準場待ちさせてもらった。あと1パーティ。


満を持して自分の番。見上げると今まで登ったクラックの中で一番スケールがあり長い。プロテクションは良いと聞いていたので、「ダメでも突っ込んでフォールしよう...」とプレッシャーを振り払うように言い聞かせ取り付いた。


下部のセクションは緊張が解けなかったが、バンドのところでレストし、覚悟を決めて出発。核心のフレアハンドを慎重にこなし、足ジャムを意識しながら淡々と登った。

気がつくと終了点まであと僅か。レイバック気味に右クラックへ移り、フィンガーを決めて終了点へ。

OSできると思わなかったのでとても嬉しかった。順番待ちのときに見ないようにした甲斐があった。写真がないのが残念。


この時点で16時半だったが、兄岩に移動し、O原の目的の「マガジン」を登りにいった。

f:id:yamanomad:20170605114456p:plain

核心でフォール。カムはバッチリきまっていた。そのままトップアウト。次にバンブがフラッシュトライ。慣れないフィンガークラックに苦戦しながらテンション交じりに抜けた。

二人ともあまり普段悔しがらないが、とても悔しがっていた。


時刻は19時半。真っ暗になり久々のヘッデン下山。渡渉も無事にこなし駐車場へ帰り着いた。