東京都山岳連盟加盟の山岳会 山人ノマドです。

会員の山行記録、会の行事などを紹介していきます。

恵那山 

6月24日(土) 恵那山  N川

 

岐阜にあるN川の実家から、

冬になると白い恵那山がよく見える。

いつかあの頂きに立ってみたいなと思っていた。

ちょうど日曜に実家で用があったのと、

梅雨の晴れ間になる予報に、前日の土曜に登ることにした。

 

 

深夜12時、逗子出発。中央自動車道・飯田山本ICより

恵那山広河原駐車場着、午前3時50分。

駐車している車は3台のみ。

少し車で仮眠。

 

4つある登山ルートのうち広河原ルートは、

長野県阿智村からの最も新しい最短ルート。

 

広河原駐車場から恵那山登山口までは、車道を30分。

木谷川を渡った後はひたすら頂上を目指す。

山頂までの登山道約3キロを、300m毎に標識がたっている。

登山道の大部分は眺望がない。

また笹が生い茂り、足元の登山道はみえず

少し荒れた感じがした。

笹と木の根と眺望のない色気のない登山道に

ひときわ可憐に高山植物が咲いていた。

 

f:id:yamanomad:20170624073419j:plain

300m毎の標識

 

f:id:yamanomad:20170624063032j:plain

笹だらけ

 

f:id:yamanomad:20170624053830j:plain

f:id:yamanomad:20170624060245j:plain

f:id:yamanomad:20170624061538j:plain

f:id:yamanomad:20170624060612j:plain

 

 

8合目あたりで視界は開ける。

山頂は恵那山神社があり、木枠で作られた展望台があるが、

山頂そのものは高い針葉樹があるため展望はよくない。

この日の山頂はアブの大群でゆっくり休んでいられなかった。

それでも、ずっと来たかった山頂。

誰もおらずiPhoneで自撮りするものの、

私の腕が短くてうまく写せない。

f:id:yamanomad:20170624075632j:plain

かなりつまらない山頂

 

f:id:yamanomad:20170624080116j:plain

どうしても逆さに投稿されてしまいます。。なぜ???

 

梅雨の晴れ間と週末土曜と百名山が重なった恵那山。

下山は沢山の登山者とすれ違う。

午前10時過ぎには登山口着。

3台しかなかった駐車場に、車は40台ほど。

10キロ離れた昼神温泉で汗を流し実家へ向かった。

 

 

恵那山 (標高2191M)

長野県と岐阜県にまたがり、中央アルプス最南端に位置する。

深田久弥日本百名山と、

田中澄江がエッセイで発表した新・花の百名山に選定されている。

外国人の初登頂は、かの有名なウォルター・ウエストン。

島崎藤村が幼少時に眺めた山として

「夜明け前」で描かれている。

一度登った人に一緒に登らない?と声をかけても

だいたいは断られるそうな・・・。 

3大がっかり百名山の汚名もあるが、

私には思い入れのあるいい山だった。

でも、また来るかと聞かれれば返答に困るかな・・・(笑)。