東京都山岳連盟加盟の山岳会 山人ノマドです。

会員の山行記録、会の行事などを紹介していきます。

11月例会山行・沢班 by森

新入会員の森と申します。

11月の例会山行に参加させて頂き、初山行デビューができ、嬉しく思います。

私は一人で登山を始め、スキルアップの為に入会を希望しました。

今日はご挨拶も兼ねて、感想を書かせて頂きます。

皆さん、これから宜しくお願いします。

参加したのは実は、先月ゲストだった時に参加する予定が雨で中止になった山行のリベンジ山行でした。

 会員が3つの班に分かれて、山中で合流する計画で、私の参加したのはC班の沢登りコース。

私は全く沢登り経験がなく、この日が沢デビュー。

大菩薩嶺南にある黒岳につめていく赤岩沢という沢でした。

殆ど一般登山道のみを歩いてきた私には、先輩方とタクシーで辿り着いた山中のとある川にかかる橋で装備を整え、橋の脇から沢に入っていくという行動の全てが初体験でとてもワクワクする冒険でした。

同行下さったT内さん、T島さん、W田さんは、滑りやすい場所や、手掛かり、足掛かりになる場所を教えてくれたりして、初めての沢登りでしたが、とても安心して歩く事が出来ました。

沢の脇を歩けていた地形が、次第にゴルジュ状に変わり(ゴルジュという言葉も実はW田さんに教わりました!)、核心部の滝が現れました。今年に入ってからボルダリングを始め、まだまだ下手くそなのですが、ついにボルダリングの成果を発揮する時が来た、と内心でほくそ笑んでおりました。先行して登って頂いた2人の先輩の登り方も参考にしながら、ついに来た私の出番でしたが、ばしゃばしゃと容赦なくかかる凍えそうな温度の水、苔で滑る岩、「冷たいし、滑るし、どうすればいいんだ~」と思っている内に確保されたロープであっという間に、引き上げられておりました・・・。

f:id:yamanomad:20131116080132j:plain

ちょっといやらしかったチョックストーン滝

手がかじかみかけていただけに、不甲斐ないですが、「助かった~」と思いました。冬も間近で今年の沢シーズンは終わりですが、来年までにはもう少しボルダリング成果も発揮できるように頑張ろう、と思います。

核心部の滝を超えて、スラブ岩が出てからは(スラブという言葉はT島さんに教わりました!)ロープを出して頂き、私向けに簡単な岩登り講習をして頂きました。待ち合わせもある為、短い時間でしたが、それもまたワクワクする内容と時間でした。

f:id:yamanomad:20131116091754j:plain

リードをビレイするMさん

初めての沢登りの感想ですが、今まで歩いてきた一般登山道とは雰囲気が全く異なり、より原始的な登山、開拓者の気分を味わえる形だと感じ、とても新鮮で楽しいものでした。今回は全てを先輩方にお任せし、連れられていく参加でしたが、皆さんが地形や進路について相談をしている姿を見て、羨ましくも思いました。原始的な登山の雰囲気を残す沢登りだけに、きっと自分で地形図などを見て、登り切った喜びはまた一段と格別と思います。入会させて頂いたこの会で、色々と学ばせて頂き、いつか自分でも道を切り開いていける山屋になりたい、と目標を明確にできた一日でもありました。

同行、準備、アドバイス頂いた皆様。本当にありがとうございました。

今後とも宜しくお願い致します。

f:id:yamanomad:20131116115135j:plain

スラブを登るMさん

f:id:yamanomad:20131116095312j:plain

1970m地点の展望台にて(雪がありました。上はもっと真っ白でした)

f:id:yamanomad:20131116162838j:plain

やまと天目山温泉にて、全員集合。