東京都山岳連盟加盟の山岳会 山人ノマドです。

会員の山行記録、会の行事などを紹介していきます。

広沢寺岩トレ第2弾

参加者:w田、O原、T内、T内、F森、w田幸、H山

日時:12月5日(土)

場所:広沢寺岩場

熱いうちに第2弾をということで2週続けて広沢寺で岩トレを実施した。11月~12月に実施する岩トレの目的は冬に岩稜を目指したいという方の訓練である。今期は自分の持っている技術(たいしたことはないのだけど)を若い人にすべて伝えておきたいとの方針なので機会があればなるべく多くの訓練をやっていきたいと思っている。今回は仕事等で来れない残念な方もいたが、全員で7名の方が集まってくれた。基本はアイゼントレで締めはマルチピッチの練習だ。登山靴やアイゼンで岩登りをしていると、クライミングシューズを履いた時にすごく易しく感じられると思う。岩自体もそんなに難しくはないが、登山靴の先で慎重に岩の角に足をおいていく訓練は、上達には非常に有効だと感じる。バンブーはかなりスムースに登れるようになった。O原さんはさすがボルダーだバランスが良い。さっちゃんもアイゼンを穿いて4回も登った。最初は怖がっていたが4回目はかなり上手になった。F森さんは石鎚山で怖い思いをしたそうだが、山スニーカーを履いてスイスイ登る。どこが怖かったのだろう?ハリーもホイホイリードしてトップロープを張ってくれた。T内さんも西穂のトレーニングになったようだ。老若男女それぞれのテーマに沿って頑張ったと思います。冬の岩稜に行くためにはそれなりの訓練が必要です。参加された皆さんお疲れ様でした。                                  w田記

f:id:yamanomad:20151128112927j:plain

今回は忙しくて写真撮り損ねました。先回の写真です。雰囲気だけでも。

 

年に1回あるかないかの広沢寺RCT。

ひさびさであるが、繰り返し登るうちに感覚が戻ってくる。

午前中で練習は切り上げたが、機会を与えられたことに感謝。byたけぞう

 

冬の岩稜には行かないけど登山靴でのクライムダウンの練習がしたくて参加しました。

日当たりの良い岩場は気持ちよく登る事ができましたが、日影の岩場は冷たく登り終えた時は指先の感覚無し。

久し振りの広沢寺の岩トレ仲間の練習見学も有意義な時間でした。

F森ぶんぶん(記)

 

S(記)

物凄い久しぶりの岩トレで基本を

すっかり忘れてのトレーニング。

最初の1本は登山靴で登る練習。

その後の4本はアイゼントレでしたが、

アイゼン履いては初めてで前爪2本で

本当に自分を支えられるのか

不安でほんとにビビッてました(笑)

結局最後まで冷や汗かきながらでしたが

先輩方がコツを教えて下さりなんとか

ちょっとだけマシになった気します。

けどなかなか覚えが悪いので近いうちにまた練習して感覚を体に覚えさせたいな〜と感じました。とてもいい勉強に

なりました。先輩方や仲間の皆様

ありがとうございました^ - ^

 

O原記:

アイゼントレに参加させていただきありがとうございました。

時間限定で申し訳ありませんでしたが、

皆、それぞれの目的を持って参加しており、とても意義があるものでした。

アイゼンでの登りは怖かったですが、山靴のほうが更に怖かったです。

試しに微妙なところに足を掛けてみたら見事にフォールしました・苦笑

が、それも勉強になったと(かなり前向きに)思っています。

怖くてへっぴり腰になっている中、

先輩方はみなさん余裕で登っていて、さすがだなあ、と見ておりました。

最後のマルチの練習も出来て良かったです。