読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京都山岳連盟加盟の山岳会 山人ノマドです。

会員の山行記録、会の行事などを紹介していきます。

広沢寺岩トレ3弾

日時:12月10日(木)

場所:広沢寺

メンバー:W田、I江

 

今月は3回も岩トレをやってしまった。なんか狂ったように突っ走っている感じです。

今回はI江さんとマンツーマン。彼が西穂高に行くというので5日の岩トレ参加を薦めたが、調整つかいなと言うことで欠席。このまま何もトレーニングしないで事故が起きたら困るので岩トレ設定。募集をかけたが平日は参加者いない。個人指導になったがI江さんと良い汗かきました。まずは支点の少ない岩稜帯で岩を使った確保の仕方や移動時のロープの処理の仕方等をレクチャーし、彼に登山靴でリードしてもらいトップロープをセッティングしてもらった。それを使いアイゼントレ。下りもクライムダウンしてもらい細かいホールを使うことを習得してもらった。何本か登った後にザックを背負ってアイゼンクライム。

f:id:yamanomad:20151210102333j:plain

良い時間になったので左の弁天岩でマルチピッチの練習。ロープワークや処理の仕方の練習をして最後はシングルロープで懸垂。途中の垂壁でピッチを切って降りる練習をした。I江さん久しぶりだったそうだが、徐々に体も慣れてきて良い感じにアイゼンで岩を登っていた。充実した練習になりました。13時頃に上がり、ザンドバーと言うラーメン屋で塩ラーメンで反省会して帰りました。

W田記


◯久しぶりの岩トレ、しかもアイゼン履いては初めて。内心緊張していたが2回3回と繰り返すうちに楽になってきた。クライムダウンがとてもいいトレーニングになった。とはいえ、3回目のクライムダウンからは疲れが出始め、動きが硬くなる場面もあり、この点が実感できたのが収穫だった。実際の高所で疲労が蓄積したり天候不順だと精神的にも肉体的にも疲弊しやすい。そのシーンをイメージできたのが良かった。


久しぶりのマルチピッチ、あれこんなに楽だったかな、という程楽に登れた。冬靴効果に違いないです。今後、シーズン問わずクライミングシューズではなく登山靴で岩トレするのも非常に効果的かもしれない。


私の為に時間を割いてくれた和田さんに大変感謝です。有難うございました。


I江記