読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京都山岳連盟加盟の山岳会 山人ノマドです。

会員の山行記録、会の行事などを紹介していきます。

鹿島槍東尾根(敗退ッ!)

3月19・20日  T島L・I田♂♀                    I田♂記

 

2泊3日の予定でスタートした計画がすったもんだの末、早朝発の1泊2日爺ッ岳東尾根ピストンに。

メンバーはこのところお馴染みになってしまった練馬三人衆。午前4時に光が丘駅で集合。地元の森林組合に掛け合って車を停めさせてもらい午前9時に歩き出す。

 

出だしの急登でかなりこたえ、最初の30分で早くも「スポンジボブ」状態。快調に歩を進める二人に遅れながらも、なんとか最初の幕営適地の1,750m付近までたどり着く。

 

翌日のアタックのため、もう少し高度を稼ぐべく(2,000m付近まで)歩きだすが、1,850m付近で三人衆、足が止まる。午後1時30分トレースの脇の斜面を整地してテントの設営を開始。明日は午前4時起床、6時行動開始を決め、早々にテント内で宴会。

 

夕食は焼肉!&続々とおつまみ。3人パーティなのに何故かビリー缶×2にコッヘル大×1が登場。担ぎあげた水分はアルコール(ビール)を含めて3人で12リットル以上に(計画書の倍だッ)。そりゃあんた、途中で足もとまりまっせ・・・・。とはいえ美味しい夕食に舌鼓を打ちアルコールが入ればみんな上機嫌!

 

幕営地の整地を始めたころから降り始めた雪は日没後には暴風雪となり一向に収まる気配がなく、切り崩した斜面とテントの間にみるみる雪が吹き溜まっていく。

何度か雪かきを試みたが効果がない。これ以上状況が悪化するとテント自体がヤバそうな雰囲気なので全員起床して夜明けを待つことに。

 

午前6時、朝焼けとともにあんなに吹き荒れていた風がピタリとやんだ。本日は快晴。

降り積もった雪はその後の風ですべて吹き飛ばされ、トレースはバッチリ露わになっている。が、いかんせん行動開始の予定時間は大幅に過ぎており、幕営地も予定の場所に届いていない。断腸の思いで登頂を断念し下山。

f:id:yamanomad:20170320062357j:plain

トレースはバッチリ、手前に見えるピークあたりに幕営できてれば・・・・

 

f:id:yamanomad:20170320074637j:plain

大先輩のお二方にも笑顔がない・・・・俺を睨むな!(笑)

 

 

 

 

 

唐松岳

L I江、I井

 

3/17(金) ひとり先行して八方池山荘(1,800m)に前泊。

翌18日(土)、AM4時起床。山荘付近で早朝の撮影を楽しみました。

湿気が少なくほぼ無風、空気がクリアで撮影に好条件。

登山日和だったが、予定していた明日以降の登頂のために丸山付近で引き返し、メインは残しておきました。

f:id:yamanomad:20170318064225j:plain

<黎明の白馬鑓ヶ岳>

f:id:yamanomad:20170318073528j:plain

<白馬三山>

f:id:yamanomad:20170318100411j:plain

<雪原より五竜岳望む>

 

19日(日)山麓からゴンドラ駅(始発7:30)の八方駅へ。

7時の時点ですでに100名以上の行列。半数以上が登山者。

ゴンドラ、リフトを乗継ぎ山頂駅へ。9時登山開始。

歩き始めから耐風姿勢を強いられるほどの強風。

ツアー団体など出だしから引き返すパーティが多い。

丸山より先は、さらなる強風とホワイトアウト。丸山2,300mで撤退する。

f:id:yamanomad:20170319093017j:plain

<トイレ辺りの雪原、風が強い>

f:id:yamanomad:20170319115126j:plain

<今日は丸山まで>

f:id:yamanomad:20170319115827j:plain

<帰りはホワイトアウト、何も見えない>


20日(月) 前夜の嵐のような暴風から一転、穏やかな快晴。

やや霞みがあるが、今日は登頂できそうな予感。

8時登山開始、3時間半で唐松岳頂上に着いた。

帰りは写真を取りながらダラダラと下山した。

通常の脚であれば、上り3時間半、下り2時間、合計5.5時間といったところでしょうか(天候が良ければ)。

リフト最終時間は16時でした。AM9時開始だと7時間あるので山麓からでも日帰りで登頂を狙えるだけの行動時間は十分あります。

 

コース全体を通し危険箇所はなく落石の心配もない(ヘルメット不要)。

雪も締まっておりワカン不要。


ルート上に岳樺の潅木帯が2箇所あり、そこでテント泊可能。5張ほどあった。次回テント泊を狙いたい。

f:id:yamanomad:20170320070232j:plain

<穏やかな朝日に染まる五竜 鹿島槍>

f:id:yamanomad:20170320070358j:plain

<そのまま滑っていきそうなI井さん>

f:id:yamanomad:20170322222836j:plain

<やっと登頂できて嬉しい>

f:id:yamanomad:20170320143945j:plain

<白馬を背景に>

f:id:yamanomad:20170320144656j:plain

<雪稜の美しい襞、白馬鑓ヶ岳>


 

 

 

 

3月例会山行 ダイジェスト版

3/11・12 A班:W田・I井・バンブー・W田幸・O村・たけぞう

3/12   B班:T島・I田夫妻

スノーマウントの作成についてはたけぞうのブログを参照。

f:id:yamanomad:20170311113110j:plain

 「A班メンバー」

f:id:yamanomad:20170311125949j:plain

「スノーマウントの雪山作成中」

f:id:yamanomad:20170311140416j:plain

「1時間強でとりあえず完成」

f:id:yamanomad:20170312064517j:plain

「居住性を高めて2名が宿泊」

f:id:yamanomad:20170312064703j:plain

「翌日、B班と合流」

f:id:yamanomad:20170312071203j:plain

「コマノカミ南西尾根にて」

f:id:yamanomad:20170312084057j:plain

「1200m付近。他会のテン場にて。トレースがあり助かった。」

f:id:yamanomad:20170312092010j:plain

「コマノカミJPと右に本峰」

f:id:yamanomad:20170312092956j:plain

「メンバー全員の到達地点」

f:id:yamanomad:20170312101643j:plain

(コマノカミノ頭頂上付近:雪庇が出てて上には登れませんでした。)

 

f:id:yamanomad:20170312101646j:plain

(シシゴヤノ頭方面を見る。向こうからなら全員登頂出来たかも?)

春山joyで楽し早春登山でした。         w田記

3月例会山行の下見

4日、絶好の春山日和で、下見してきました。

今年は予定通り実施できそうです。

会員には改めて掲示板でお知らせします。

f:id:yamanomad:20170304091141j:plain

「除雪終了点。バックは茂倉岳」

f:id:yamanomad:20170304101638j:plain

「クロガネ沢出合付近」

f:id:yamanomad:20170304131615j:plain

「復路の林道から見る清水嵓。12日の日帰りならここか。」

f:id:yamanomad:20170304132317j:plain

「武能岳西尾根。雪洞に泊まり翌日アタックするならここ。」

f:id:yamanomad:20170304132607j:plain

「棒立山。ステビバすればねらえる。雪洞泊まりならタカマタギをねらえる。」

f:id:yamanomad:20170304143512j:plain

「荒沢山。ステビバすればねらえる。」

2月例会スキー班

メンバー:K子、F森、N牧、H井、H野、N川、W田、(ゲストN川氏)

2月25日~26日

スキー班は前日朝に岩鞍スキー近くの民宿に集合、支度をしてスキー場に送迎してもらう。リフト券購入段階で明日の対応を相談する。明日朝食後こちらを出ても登山班はすでに出発している。下山は15時頃になると思うが我々はすでに撤収している。合流するは難しく無線で声を聴くだけになる。スキー班に都合の良い解釈をしてこちらで二日滑ることとした。

岩鞍スキー場から上州武尊を望む。

f:id:yamanomad:20170225151712j:plain

25日は好天で、ゴンドラで一番上まで登った後、未だ荒れていないロングコースを一気に下まで滑る。雪は少し硬いが気持ちよく滑れた。その後自分の課題に挑戦、山スキーを想定して未圧雪を滑る人や、小回りの練習をする人など様々である。

ゲストのN川さんが皆の滑る姿をビデオ撮影してくれたので、夜の反省時にそれぞれの滑りを見て自分なりに直すところを考えた。

良い天気です。

f:id:yamanomad:20170225151739j:plain

交信はここで実施。

f:id:yamanomad:20170225151720j:plain

前日の判断で26日は川場には行かない事を登頂班に電話をしてこちらの方針を伝える。登頂班はかなり不満そうであったが「無線でモニターするから許してね」と平謝り。

10時に交信することとした。当日も混む前に長いコースを2~3本滑ってとりあえず11時に下に集合すると決めた。10時にリフトの一番上まで上がり交信したところ順調に登っているようで一安心。天候もなんとか行けそうだ。10時半を過ぎるとスキー場の混雑はピークになりリフトも長い列ができ始めた。皆朝から連続して滑っていたのでもう満足との事だったので早上がりを決定。民宿に戻った。

昼過ぎに民宿を出て上州武尊を望める所で何回か無線連絡を試みたが通じず。長いアンテナでないと無理なようだ。

今回は例会なのにスキー班の判断で川場に行かず申し訳なかったが、行っても会うことは出来なかったと思う。気持ち的に仲間が同じベースに居てくれると精神的に違う事はこちらも理解していたが・・・・・。満足の登頂が出来た様でなによりだ。

w田 記

2月例会山行:上州武尊山

メンバー:I田夫妻・W田幸・たけぞう

25日に群馬健康ランドで仮眠し、26日はゲレンデトップを9時スタート。

途中休憩1回の2時間15分で山頂を踏むことができた。

いろいろ経験でき、これぞ雪山山行となった。

f:id:yamanomad:20170126120907j:plain

「1/26の沖武尊山。晴れていればこうなる。」

f:id:yamanomad:20170226112009j:plain

「沖武尊山山頂にて。ゲレンデトップから2時間15分で到達。」

f:id:yamanomad:20170226125419j:plain

「復路の剣ヶ峰山の登り。」

f:id:yamanomad:20170226130323j:plain

「他パーティの雪洞にて。」

f:id:yamanomad:20170226132742j:plain

「鬼岩をバックにして。」 

 

W田追記

今回は天気はあいにくでしたが本当に

これぞ雪山を詰め込んだ充実した内容の

登山になりました。みんなでツェルトかぶってお茶も日なたぼっこしながら最後に紅茶を

わかして持ち寄りお菓子のブレイクも楽しく

そして気心知れた頼もしい先輩方から下山が苦手な私のための三人の講師による豪華な!フラットフィッティング講座や他パーティーの素晴らしい雪洞発見など勉強になった山旅でした!

本当楽しかったです!

 

石田大追記

コンパクトながら充実の山行だった。リフトトップに板と靴をデポして、下りは独りスキーで降りてきたが、脚の疲れとザックの重みでカリカリのアイスバーンに難儀した。それにボーダーの多さにも辟易・・・。スキーはあきらかに蛇足でした(笑)

 

 

 

四国:石鎚山 ダイジェスト版

2月18日 たけぞう単独

コースタイム

成就社1010八丁1030前社森1135-1150夜明峠1215二ノ鎖小屋1250-1305

弥山1340-1350二ノ鎖小屋1410-1430夜明峠1450前社森1505八丁1550成就社1620

f:id:yamanomad:20170218114011j:plain

「前社森より、左:弥山、右:三角点峰」

f:id:yamanomad:20170218120843j:plain

「夜明峠」

f:id:yamanomad:20170218123747j:plain

石鎚山稜線」

f:id:yamanomad:20170218132219j:plain

石鎚山北壁」

f:id:yamanomad:20170218134535j:plain

天狗岳

f:id:yamanomad:20170218134655j:plain

「弥山の石鎚神社

f:id:yamanomad:20170219075330j:plain

「19日、遥拝殿から見る石鎚山

f:id:yamanomad:20170219111019j:plain

「JR伊予西条駅から見る石鎚山