山人ノマドの活動報告

東京都山岳連盟加盟の山岳会、山人ノマドのブログです。会員の山行記録、会の行事などを紹介していきます。

ミツマタ満開!檜洞丸

2020.3.22(日)

T島(L)、N川、Y川(記)

 

檜洞丸に行ってきた。

3月なのに初夏の陽気で、久しぶりに汗をダラダラかきながら
ひたすら階段を登り、急な下りで麓までおりて、すっかり体が鈍っていることを実感した。
 
8:50 西丹沢ビジターセンター
12:05 檜洞丸
13:10 テシロノ頭
13:25 白ザレノ頭
13:50 石棚山
14:00 ヤブ沢の頭
14:30 板小屋沢ノ頭
15:38 箒沢公園橋バス停
 
7:30松田駅発のバスに乗り西丹沢ビジターセンターへ。
そこからツツジ新道経由で檜洞丸へ。
階段が続くとは聞いていたが、その階段の段差が……足にくる辛い幅…
テシロノ頭方面からの合流地点直下辺りでは足がパンパンだった。
きっとツツジの季節なら花を見るために少し休みながら行けるのだろうけど
葉っぱすら出ていないのでひたすら登る。
富士山は頂上まで見えているが、霞んでいてうっすら見えているだけだった。
 
山頂までの尾根沿いは風が強く吹いていたが、山頂は風も無く芝生やベンチでお昼寝をしている人がいたりして、とてものどかだった。
持ち寄ったコーヒーやお菓子でまったり長めのランチ休憩。

f:id:yamanomad:20200324003428j:plain

 
その後は、石棚山経由で箒沢公園に下山した。
箒沢公園橋のバス停に15:41のバス3分前に着いた。
 
登山口、下山口周辺は、ミツマタが一面に咲いていた。
丹沢でミツマタといえばミツバ岳だけどここでもとても綺麗だった

f:id:yamanomad:20200324003506j:plain

写真では薄いのが残念・・・一面にミツマタ

f:id:yamanomad:20200324003441j:plain

f:id:yamanomad:20200324004554j:plain

f:id:yamanomad:20200324003454j:plain

アセビ

ぐんま百名山75、76・三峰山&戸神山

2020年3月21日 たけぞう単独

 上越線の沼田を通過するとき、いつも気になっていた山に登ってきた。21日、無人駅となった後閑駅にはタクシーが常駐してないので、歩く。十六羅漢像のある竜谷寺に立ち寄り、8時50分、登山口を出発。山道を45分歩いて、表参道に合流。天狗岩に立ち寄り、河内神社に10時到着。子持山が正面に見える。戸神山も見下ろす形になる。神社を出発してしばらくして出会う石祠の裏が追母峰の三角点。三峰沼は帰りに寄るとして先に進む。吹返峰の標識地点から残雪を踏むことが多くなる。三峰山山頂(後閑峰)に11時40分、登頂。正面に谷川連峰が見える。上州武尊山から鹿俣山、尼ヶ禿山、高檜山の稜線がよくわかる。20分ほど滞在して、戻る。三峰沼は2つに分かれているが水位は低かった。河内神社到着は13時45分。神社下の駐車場付近で戸神山方面に向かう地図に記載の山道を探すが見つからず、結局車道を歩いて宇楚井地区に下山する。ここでタクシーを呼んで戸神山登山口に向かう。15時40分、出発。立ち寄った虚空蔵尊の狛犬丑寅であった。鉱山跡経由の直登コースは岩場の連続で面白い。16時35分、登頂。360度の大展望である。下発知地区に30分で下山し、たんばらからの最終バスで沼田に出る。花には出会えなかったが、いくつかの鳥のさえずりや姿を目にした、当たりの山行であった。

  けらつつく 音こだまして 山笑ふ  芳夫

 

f:id:yamanomad:20200321085552j:plain

「竜谷寺から見る三峰山」

f:id:yamanomad:20200321115635j:plain

「三峰山から見る谷川連峰

f:id:yamanomad:20200321164847j:plain

「戸神山にて」

2020年 高尾山の花


2020年3月13日(金)  U松

 先月下旬、ネットに、ハナネコノメソウの開花情報が掲載されていました。フサザクラも開花しているとのレポートがありました。

 東京地方の好天気はこの日までというので、降雪で花が溶けてしまわないうちにと行ってきました。新型ウイルスによる外出自粛の要請があったためでしょう、少なめな人出の街でした。

 石地蔵様に感謝の一礼をして橋を渡りました。

f:id:yamanomad:20200319203733j:plain

   花探しの人たちは、左右を見ながらゆっくりした歩きなので分かります。やや前方を歩いていた人の足が止まったようでした。山の斜面に眼をこらし、小さな一株の野草を見つけることができました。

f:id:yamanomad:20200319210131j:plain

 踏み跡を沢筋へ降り、流れを渡ってみました。その付近に台風のダメージはなく、お目当ての直径5ミリほどの白いハナネコノメソウの花がありました。数年振りの出会いでした。ニリンソウの株も見つかりました。ヨゴレネコノメがありました。名前ほど厭な感じではありません。

f:id:yamanomad:20200319210144j:plainf:id:yamanomad:20200319210204j:plain

f:id:yamanomad:20200319210155j:plain

   若い人たちのグループが、賑やかに登っていきました。親子連れや、中高生たちのグループが通り過ぎていきました。

  花は山の斜面側にも見ることができました。花の樹は多くは見つかりません。アオキの花芽やヤブツバキは見ることができました。

  木橋を渡ったあたりだったでしょうか、「グルグル」とくぐもった低音が聞こえてきました。タゴガエルだったでしょうか。撮影する間もなく、すぐに穴に引っ込んでしまいました。翌日の雪で冷たい思いをしたに違いありません。

 f:id:yamanomad:20200319210222p:plainf:id:yamanomad:20200319210232p:plain

木の階段を登った日の当たる所に、ほとんどむき出しでシュンランが花開いていました。こんな不用心に咲いていていいのかと一瞬思ってしまいました。

  豪華トイレが見えるようになりました。路の右斜面の黄色いのはダンコウバイかな。その横手にあるのは何の花?マメザクラ?

f:id:yamanomad:20200319210249j:plainf:id:yamanomad:20200319210303p:plain

 山頂をスルーし、少し先の東屋の広場まで下りました。向かい側の大テーブルを、ここで休憩するときの定席にしています。この日のお昼は、20年使っているタイガー魔法瓶カップヌードルです。ベビーチーズ、家人が用意したリンゴにセブンのカフェインレス。食後に、ちょうどコーヒー3杯が飲める容量のタイガー君は、去年からサーモス山専のカバーに入れてもらっています(笑)。

  テーブルの後ろに、アセビヤブツバキ、ウグイスカグラなどが見えました。付近では女性グループが食事中だったりしたので、少し遠慮した観察になりました。

  花の期間が短いと言われているので、終わっているかも知れないと思いながら、フサザクラが見られるはずの樹間のコースを下りることにしました。

  林縁にスミレが出てきました。登りのときのとは葉が違いました。キブシも見えました。

  フサザクラは、終期だったと思いますがまだ見られました。橋は揺れるし、近いようで遠くにある微妙な位置、ピントが合わせられません。AFなのにうまく使えていません。メーカーさん、ごめん。

f:id:yamanomad:20200319210318p:plainf:id:yamanomad:20200319210332j:plain

朝見つけたエンレイソウを、もう一度見たかったので、浄心門のところから2号路へ進み、途中から琵琶滝へ下りました。3号路は工事中のために通行禁止になっていました。

 ヤマブキがありました。自分のほかに誰もいない、乾いた路はとても気持ちいいものでした。

 エンレイソウはその時間まだ開いていました。やあ石地蔵様、暖かくてよかったです。有り難うございました。

 「分け入っても青い山」 一期一会のノンビリ山歩き。

  下山後のお蕎麦と一杯は時節柄「自粛」しました。換気良好な各駅停車で早めの帰宅になりました。

f:id:yamanomad:20200319210417j:plainf:id:yamanomad:20200319210428j:plain

f:id:yamanomad:20200320213543j:plain

f:id:yamanomad:20200319213035j:plainf:id:yamanomad:20200319210443j:plain