山人ノマドの活動報告

東京都山岳連盟加盟の山岳会、山人ノマドのブログです。会員の山行記録、会の行事などを紹介していきます。

1月例会山行:ビーコン捜索実習

1/20 T島・I田善・O村・Y川・たけぞう(幹事)

 今年の雪訓はビーコン捜索主体ということで、富士見パノラマリゾートの入笠湿原で実施することにした。12日、列車組が八王子駅に集合すると、Y川さんから入笠山には雪がない旨報告を受ける。幹事の情報収集ミスだ。富士見駅でI田車にピックアップされとにかくリゾートに行く。ゴンドラで山頂に上がると雪が舞っているが、積雪は少ない。それでも、入笠湿原と旧スキー場跡で何回かビーコン捜索の実習をする。

f:id:yamanomad:20190120102000j:plain

f:id:yamanomad:20190120104100j:plain

  全員、デジタルビーコンを使って、

・シグナルサーチ…消失点の先から磁束線を探す初期捜索

・コースサーチ…磁束線に沿って矢印が消えるまで素早く動く

・ファインサーチ…矢印が消えたら雪面に近づけ、クロス法でピンポイント捜索

の手順を学ぶ。

 プローブ(ゾンデ)の扱いやツエルトの張り方も簡単に学んで、降雪が本降りになったので13時前に終了。山麓駅に戻ると雨になっていた。小淵沢駅まで車で移動し、解散となる。

f:id:yamanomad:20190120115900j:plain

f:id:yamanomad:20190120112800j:plain

 2月の連休中の天気のよい日に、たんばらでもう1度実習したいと思う。

 

 

今回は参加人数も少なく、また雪もない状態での雪訓ではあったが、ビーコンの特性やサーチの手順などをじっくりと学ぶことができた。

たけぞうさんに教わったツエルトの張り方はまさしく「目からウロコ」!!

幹事&講師のたけぞうさんに感謝。

I田善 記

 

 

 

 

冬の陽射しの中南高尾縦走

2019年1月14日 Y川

今日は一人で山を歩いてきました。
怖がりのためなかなか一人で初めての山を歩くことが出来ず、馴染みの陣馬山~高尾山の縦走にしようと決め、登山計画書を書き始めたとき・・・地図を見ながら目に付いたのが南高尾にある草戸山。以前から会員の方が行った記録を見たり話しを聞いて気になっていましたので行ってみました。
コース:高尾山口駅~草戸山~泰光寺山~中沢山~大垂水峠~高尾山~高尾山口駅

高尾山口駅から9:30歩き開始。住宅街の細い道から登山道に入ります。至るところに指標があるので迷う所は無し。一番分かりづらいのは高尾山口駅から最初の指標を見つけるまでかもしれません。
細かいアップダウンがありますが歩きやすい道。時々人とすれ違う程度で終始ユルユル歩きで、この道いいなぁ~なんて気持ちよく歩いていたのですが、途中「関東ふれあいの道」の指標があり、目指している高尾山口までふれあいの道はどのルートでかは不明ですがあと12.2kmもあることが判明、その時すでに12時過ぎ。ロングコースだとはわかっていたのですがもしかしたら日没までに駅につけないのでは・・・と気付きそこからの巻きで歩きます。ただ、そもそも歩きが早くない私が巻いて大して早くなりません。大垂水峠の陸橋を渡るときにはすでに13:30近く。そこから予定した城山を経由してから高尾山に行くと16:00までに高尾山口駅に帰れないと判断し、止む無く高尾山に直接行くルートに変更しました。そこからの、高尾山「学習の道」は人にまったく合わず、一瞬方角に迷って入った登山道に熊のものかと思うような艶々したわりと新しい大量の落とし物を見つけたり、ヒヤヒヤしながらなんとか城山~高尾山の縦走路に合流することが出来ました。その辺りからは足も疲れきってノロノロ歩き。高尾山は歩き慣れた下山ルートでしたが、いつになく長く感じました。
その後は駅横にある温泉に。いつもは温泉に入れば復活する足の疲れを、家まで引きずって帰りました。
トータル16km、下山後はヘトヘトでしたが、また一つ好きな山コースが出来たこと、歩き開始時間とペース配分が甘い計画だったことを反省する、有意義な山行になりました。
歩き始め住宅のお庭で、梅の花が咲き始めていました。日中の日差しもとても暖かく、寒い高尾でも春の気配を感じましたが、来週は会の雪訓、綺麗な雪山を見てくる予定です。

f:id:yamanomad:20190114211127j:plain

登山道からの景色



1月の谷川岳

1月12日 たけぞう

例年12月実施の谷川岳雪訓を1月にやるというので、12日、下見に行った。

今日は風も弱く絶好のアタック日和だ。天神平のゲレンデを9時50分に出発。

1月の谷川岳は初めてで、巻き道は雪に埋まり通れない。

f:id:yamanomad:20190112095455j:plain

「天神平」

上級者コースの右端のトレースを歩く。ゲレンデトップまで20分。

12月とちがいスキーゲレンデなので、滑落停止などの訓練はここではできない。

ここからアイゼンをつけて忠実に天神尾根を歩く。

外国人のスキーヤーやボーダーが多いのに驚く。彼らは田尻沢がクローズされているので西黒沢を滑るようだ。

熊穴沢避難小屋まで1ピッチ。雪に完全に埋まっている。

f:id:yamanomad:20190112111149j:plain

「熊穴沢避難小屋」

白砂糖にたかる蟻のように登山者の列が山頂を目指している。

小生もさらに1ピッチ、天狗のトマリ場あたりまで足を伸ばす。

f:id:yamanomad:20190112120700j:plain

「天狗のトマリ場」

下りは早い。13時20分、天神平に戻った。

 

今回の雪訓は、雪崩捜索を中心に行うので、天神平まで登らなくとも、駐車場やゆびそ温泉バス停そばの公園あたりでもよい。第2案としてはたんばらスキーパーク付近。さらに上越方面が天候不順のときは、第3案として富士見パノラマの入笠湿原を考えている。要項は明日、通知します。