山人ノマドの活動報告

東京都山岳連盟加盟の山岳会、山人ノマドのブログです。会員の山行記録、会の行事などを紹介していきます。

岡山県最高峰・後山

12/11 後山キャンプ場・・・船木山・・・後山ピストン

天気予報はいい方にはずれ、今シーズン初の雪山を楽しめた。

兵庫県の岳人・加藤文太郎は兵庫アルプスを考え、後山を「兵庫御岳」とした。ちなみに、兵庫県最高峰の氷ノ山は「兵庫槍」、第2高峰の三室山は「兵庫乗鞍」としている。

小生のブログもあわせて参照されたし。byたけぞう

f:id:yamanomad:20171211111916j:plain

「船木山から後山をめざす。」

f:id:yamanomad:20171211114327j:plain

「後山山頂。」

f:id:yamanomad:20171211114219j:plain

「後山から見る三室山。氷ノ山は雲の中。」

丹沢の点線ルート

2017年12月10日(日) 天気:晴れ

w田 単独行

ルート 谷峨駅ー大野山―三保ダム分岐ー日影山ー秦野峠ーシダンゴ山ー寄

総距離19.3km、累積標高差1,833M 7時間45分(休憩45分、ロスタイム20分含む)

07:15 谷峨
08:53 大野山
09:40 湯元平分岐
10:24 三保ダム分岐
11:10 日影山
12:40 秦野峠林道記念碑
13:23 ダルマの頭

14:00 シダンゴ山
15 :00 寄バス停

 

11月例会でカモシカチームが敗退したしたルートが面白そうだったので途中まで歩いてきた。ここを夜中に歩くのはかなり大変だっただろう。

谷峨駅で降りたのは私だけ。大野山までの道にも誰もいない。頂上で外人の二人連れにあった。「ずいぶん早いですね」と声をかけたら、車で上がったらとのこと。寄バス停まであった人はこの方たちだけでした。

谷峨駅 霜柱が立っていて寒い。

f:id:yamanomad:20171210072523j:plain

富士山が綺麗だ。

f:id:yamanomad:20171210074333j:plain

大野山頂上

f:id:yamanomad:20171210090306j:plain

ここから本来は林道を歩くのだが、二万五千の地図に点線で林道の途中に合流する道が書いてあったので、草むらを下がったが道がない!登り返して20分のロス。林道に戻るのが面倒なので麦畑のような雑草をかき分け強引に林道まで下る。体中にとげのある穂が服に沢山ついた。湯元平から先の林道を行くと立派なゲートがあるが林道は続いている。

このゲート前から左の尾根に取り付く。しばらくは林道を右下に見ながら平行に歩く。ここがカモシカチームが間違った場所かと確認。夜中は左の登山道が見えにくいが手前に看板があった。

f:id:yamanomad:20171210100131j:plain

先に進むと看板が出てくる。踏み跡もあるので、この分岐でまっすぐ行ってしまう人がいるらしい。ピンクリボンがついているので間違いやすい。三保ダムと書いてあるので間違うわけで「この先丹沢湖への分岐」と書けばよいと思った。

三保ダムとの分岐を過ぎると丹沢湖が左に見える。ここから先はしばらく笹薮が続く。

f:id:yamanomad:20171210102453j:plain

 

こんな笹薮トンネルもある。上越の藪漕ぎに比べたらどうってことない。マークが少ないので尾根を外さずに歩く。

f:id:yamanomad:20171210103151j:plain

日影山山頂。何の看板もない。

f:id:yamanomad:20171210111253j:plain

ここから足場の悪い急降下。足を滑らせないように慎重に下る。ここを下りると林道にぶつかる。左側に見えるわかりずらい階段を上る。この辺は林道がやたらと多い。ほとんど廃道。何のために作ったのか?税金の無駄遣いでは?

f:id:yamanomad:20171210113542j:plain

林道秦野峠。ここは自転車の人がたまに来るよう。車は通行禁止。意味のない林道。

ここでランチタイム。風が出てきて寒い。

f:id:yamanomad:20171210125021j:plain

林道秦野峠からダルマの頭まで登りがきつかった。シダンゴ山到着

f:id:yamanomad:20171210141006j:plain

シダンゴ山頂上から蛭ヶ岳丹沢山、鍋割が望めた。あとはのんびり下るだけ。スマホでバスを時間を確認する。

f:id:yamanomad:20171210141013j:plain

寄バス停迄は歩きやすい下山路。途中から林道になった。15時バス停到着。15時40分のバスに乗って新松田へ。

この道は秦野峠に分岐があり、伊勢沢の頭経由で稜線を雨山、鍋割と進めば塔ノ岳だ。夜中にカモシカで歩くのはかなり大変だと思う。三保ダム分岐から先はGPS等も活用しないとエスケープがあまりないので道迷いは致命的だと思った。

最近なぜか単独行が増えています。

 

11月例会山行~カモシカ山行班

メンバー : バンブー / O村
 
今回のカモシカ山行は計画通りにはいかなかった。湯本平分岐点から日影山の間の、地図には載っていない、新しく開設された林道を歩いてしまったため、そのままヘイソ沢沿いまで下りてしまった。軌跡を見直すと、林道から尾根道への分岐があるはずだったのだが、見落としてしまったようだ。昼間なら適当に尾根まで上がっても良かったが、空より黒い色をした山の斜面が、どうもその気にさせてくれない。結局そのまま県道725号線で山北駅まで歩いて帰ることにした。終電で谷峨駅に行って、そこから約6時間で30km歩いて、谷峨駅の隣の山北駅から始発で帰る、という行程となった。なかなかシブい山行で悪くない。流れ星も見れたし、良かった良かったと思う...。
 
今回の山行では2点を再確認した。1点は、夜は暗いということ。そしてもう1点は、寝てないと眠いってこと。ですよね。カモシカ山行は以前にも経験があるが、これまたパッとしない結果だった。まぁこんなもんなんだろう。
 
しかし、あの時間で30kmも歩いたなんて。どうりで足が痛い訳だ。実は2年前の健康診断から身長が伸びている(194→195)。それに合わせて、足もデカくなってるような気がする。なんだか靴が小さいような...。例えば、虫歯の痛みなら一生誤魔化し続ける自信があるが、足の痛みはどうも耐えられない。どうしよう...。
 
とにかく、次のカモシカ山行は計画通りに歩けたらいいな。

f:id:yamanomad:20171126005430j:plain

深夜の大野山から南方を見る。今回の山行で撮影した唯一の写真。
さて、5月に残雪のバリエーションルートを歩きたいと考えている。そんな5月に向けて、年明け頃から月2回くらい谷川あたりに通えたら良いなと思っている。狙いは雪慣れと天候読み。本を読んでるだけじゃぁよくわからないや。もし一緒に行ける人がいるようならお付き合いいただきたい。あ、そうそう、2月の例会山行は白毛門のピークハントとしたいな。
 
O村
 
11/25(土)23:35 谷峨駅 発
11/26(日)05:15 山北駅
(計画では谷峨駅を出発して昼頃に塔ノ岳に到着予定だった)