山人ノマドの活動報告

東京都山岳連盟加盟の山岳会、山人ノマドのブログです。会員の山行記録、会の行事などを紹介していきます。

広沢寺岩トレ

7月14日 メンバー:ハリー・W田幸・I田×2

 

猛暑の中の岩トレ、なにもすき好んで弁天岩なんぞに・・・。

酔狂な人間は我々ともう1パーティーだけ。おかげで岩場はほぼ貸し切り状態。

TRでアップのあと、支点工作の実地検討や懸垂下降のバックアップの練習。

 

エンジンの掛かったハリーがクラックルートリードへ

f:id:yamanomad:20180714111007j:plain

 

意外と(いやいやいつも)研究熱心なW田幸

f:id:yamanomad:20180714111601j:plain

 

ハリーのいつもながらの華麗なリード

f:id:yamanomad:20180714111945j:plain

 

全く危なげのない登ハリーのリードにビレイヤーも余裕の笑み

f:id:yamanomad:20180714112058j:plain

 

続いてM明がフォロー

f:id:yamanomad:20180714113950j:plain

 

ちゃっかり日陰に逃げ込んだいるW田幸

f:id:yamanomad:20180714105017j:plain

 

カッコ良い写真をアップせよと命令されたので・・・・

f:id:yamanomad:20180714114033j:plain

 

一方、W田幸は5.9のルートに果敢にチャレンジ

f:id:yamanomad:20180714123546j:plain

 

ノーテンでバッチリ完登!!着実に上達しています。

f:id:yamanomad:20180714123712j:plain

 

「どや顔」で頬かむり(なにゆえ?)のW田幸

f:id:yamanomad:20180714110104j:plain

 

最後にW田幸のリードの練習を一般ルートの1ピッチ目で。

 

帰りは七沢温泉バス停向かいのソバ屋にて冷たいビールで乾杯。暑い中でも充実の岩トレでした。

 

 

セカンドのビレイ

自動ブレーキ付ビレイデバイスでのセカンドビレイ時の支点構築の例です。

セカンドクライマーが壁の左側から登ってくる想定です。

 

①右側の支点にスリングを通した安全環付カラビナを掛けます。

f:id:yamanomad:20180708125729j:plain

 

②ゲートが外向きになるようにセット

f:id:yamanomad:20180708125741j:plain

 

③ゲート側にメインロープでクローブヒッチ(インクノット)でセルフビレイをとります。別の支点でもう一か所バックアップを取ると尚良しですね。ここでビレイヤーに「解除コール」を。

f:id:yamanomad:20180708125758j:plain

 

④左側の支点にクイックドローをセット。ゲートが内側に向くようにセットしてください。上のカラビナにスリングを掛けます。

f:id:yamanomad:20180708125815j:plain

 

⑤スリングを流動分散に。クイックドローの下のカラビナは登ってきたセカンドクライマーのセルフビレイに使います。

f:id:yamanomad:20180708125900j:plain

 

⑥支点部分に安全環付カラビナを通して固定分散に。

f:id:yamanomad:20180708125925j:plain

 

⑦ビレイデバイスの大きいほうの穴(アタッチメントポイントと言うらしいっす。ちなみに小さいほうの穴はリリースホール)を支点のカラビナに掛けます。

f:id:yamanomad:20180708125956j:plain

 

⑧支店のカラビナ側がクライマー、溝(ブレーキグルーブ)が付いている側が制動(引き上げる側)となるようにロープをセットします。安全環付カラビナで、必ずケーブルと一緒に掛けてください。

f:id:yamanomad:20180708130020j:plain

 

セカンドクライマーがリードで出る場合は支点のカラビナからデバイスを外して、ケーブルとロープに掛けたカラビナをビレイループに掛ければビレイ体制に入れます。

 

つづら岩

                7月8日(日) メンバー:T島・バンブー・I田×2

 

8:40武蔵五日市駅集合、9:00過ぎに駐車スペースから歩き出して10:30岩場に到着。折から小雨がぱらぱらと・・・テンションだだ下がりの中、クラックルートでウォーミングアップ。

 

f:id:yamanomad:20180708111205j:plain

トップロープを張るのにリード中のバンブー(楽させていただいてます、感謝)

 

 

f:id:yamanomad:20180708114041j:plain

軽やかに登るT島さん

 

この後、自動ブレーキ付ビレイデバイスの講習。

セカンドビレイの手順を、支点構築からみっちりと練習。写真も後程アップ予定です。

 

で、一本ぐらいは登って帰ろうということで隣の一般ルートに取付くことに。

 

 

f:id:yamanomad:20180708133535j:plain

ルートのオブザベに余念のないM明と余裕の笑みのバンブー。初めて「ザイルを組み」ます。

 

f:id:yamanomad:20180708134206j:plain

1ピン目、ヌンチャクをガッしと掴んでいるように見えるのは気のせい?

 

 

f:id:yamanomad:20180708134728j:plain

ダブルロープのラインがきれいです、お見事。

 

 

f:id:yamanomad:20180708140217j:plain

こちらのパーティーはT島さんが1ピッチ目のリード

 

 

f:id:yamanomad:20180708150718j:plain

2ピッチ目の終了点から。乗っ越しに手間取ってかなりお疲れの様子。