山人ノマドの活動報告

東京都山岳連盟加盟の山岳会、山人ノマドのブログです。会員の山行記録、会の行事などを紹介していきます。

奈良倉山~巨樹のみちへ

2019/6/16(日)
T島・U松・F森・I田善・I田千・Y川(L/記)
 

土曜日の荒天から一転、日曜日には天気が回復することがわかり、急遽土曜日夕方、6名のメンバーで山行が決まった。

場所は私が予てから気になっていた奈良倉山~小菅の湯までの道。

1年のうちバスも運行しない期間があり、機会を逃していたがついに行くチャンスが巡ってきた。
 
朝から日差しが強く暑そうなお天気だったが、登山道に入り歩くと汗が滴り落ちるが風が吹くと涼しい。
奈良倉山山頂までの登山道は杉と落葉樹が混ざった歩きやすい道だった。
1時間ほどで奈良倉山山頂へ。秀麗富嶽十二景に選ばれているのに富士山の眺望なし。少し離れた「富士山天望所」から綺麗に望める。今日は横長の雲がかかっていて山頂は見えなかったが雲が浮いた空がとても綺麗だった。
松姫峠までの途中ギンリョウソウを私にとっては初めて見ることが出来た。
松姫峠で休憩後、巨樹のみちを通り小菅の湯まで歩いたが、この間大きな登りはなく鶴寝山以外は眺望もほとんどないが、カエデのたくさんある明るい綺麗な森が続く。紅葉はさぞかし綺麗だろう。
巨樹のみちには巨大なトチの木がある。地図に出ている「トチの巨樹」とはどのような大きさなのか・・・想像以上に大きかった。コブが沢山あって森の主の貫禄があった。
下山ルートは分岐で少し迷った。ルートではなく予定通り高指山を経由してからビールを飲むか、このまま下ってビールを飲むか。本気で迷ってバスの時間も考えて、温泉とビールの時間を削ることは出来ないと判断してそのまま下山することにした。
このルートの最後にはわさび田がある沢沿いの道を歩くことになる。沢の音とわさび田の雰囲気が良い場所で長い休憩を取りしばらく山の最後の雰囲気に浸った。
このルートはとても気に入った。これからもトチの巨樹が元気でいてくれているか時々確認しに行きたいと思う。
 
上野原駅 8:32発バス~鶴峠バス停9:37着
鶴峠9:50
奈良倉山 10:55
松姫峠 11:56
鶴寝山 12:40
小菅の湯 14:45
 

f:id:yamanomad:20190616220934j:plain

奈良倉山 天望所より

f:id:yamanomad:20190616221028j:plain

f:id:yamanomad:20190616221059j:plain

ギンリョウソウ(別名ユウレイタケ

f:id:yamanomad:20190616221253j:plain

雁ヶ腹摺山(松姫峠より)

f:id:yamanomad:20190616221541j:plain


f:id:yamanomad:20190616221602j:plain

トチの巨樹

f:id:yamanomad:20190616221756j:plain

f:id:yamanomad:20190616221812j:plain

わさび田



天空のお花畑 平標山縦走

6/13(木)-6/14(金) Y川
 
梅雨の晴れ間を狙って、平標山~三角山まで1泊2日歩いてきた。
まさに天空のお花畑、そしてずっと続く尾根道、本当に素敵なところで、これから何度も通いたいと思う。
 
お天気に合わせると、同行者と予定が合わず、初1人泊り山行に。
初めての山でしかも平日のため人も少ないだろうと思い少し不安もあったが、
越後湯沢駅でバスに座れない人が出るほど人が多く驚いた。平標登山口の駐車場も車がいっぱい。
なんとなくゾロゾロ歩く感じで登山道へ。
そこからは私のいつものノロノロ歩きと写真を撮ったりで、周りに遅れ静かな山歩きに。
タニウツギヤマツツジから始まり、アカモノ、チゴユリ、イワカガミ・・・どんどんお花が登場してきて、こんなに凄いんだぁ・・・と静かに感激。
写真で見る稜線だけをイメージしていて登山口からの急登の存在を忘れていた。ヨロヨロと松手山に。そこからずっと見えている登山道に少しうんざりもするが、お天気が良くて本当に気持ちが良かった。
下を向きながら八合目の階段を少し上り、何となく振り返ったら、下にハクサンイチゲが一面に咲いていてもう一度下りる。
こんな調子で花のために行ったり来たり、しゃがんだり立ったりしているうちにコースタイムをかなりオーバーして平標山山頂に到着。
そこからはザックを置いて仙ノ倉山へ。途中、まさに天空のお花畑が広がっている。少し早いという方もいたが、このお花畑の先で咲いている沢山のシャクナゲの道を思うと、ちょうど良い日に行ったのではないかと思っている。
とにかく足元の花も木の花も空も、何もかも綺麗だった。
山小屋は25名定員のところ18名。テントは4張、隣の避難小屋にも3-4人泊っているように思えたので、平日にも関わらず混んでいた。
翌朝、仙ノ倉山の横から出てくる太陽を見てから朝食、6:30に三国山に向けて歩き出したが、途中大源太山手前の尾根で、黒くてドスンとした感じのものが前を横切り、熊鈴をガラガラ鳴らすとガサガサと逃げて行った。多分プーさんだと思う。そこから人恋しくなり、三国山に行くのは止めて浅貝のバス停まで下山した。
2日目に会ったのは、大源太山手前で1人、三角山山頂で1人、浅貝ゲレンデに出る手前の登山道で1人。ゲレンデ手前で会った方はここで人に会うとは!とかなり驚きながら登って行った。下山の道は、お天気が良くて明るい森だったが、自分が吸い込まれそうなくらいもの凄い音量でハルゼミと鳥の鳴き声が響き渡っていて、他の音はすべてかき消されて少し心細かった。
次回は仲間と一緒に三国山まで歩いてみたい。
 
6/13(木)
越後湯沢駅 8:20発バス
平標登山口 8:55
松手山 11:30
平標山 13:30
仙ノ倉山 14:30
平標山 15:30
平標山ノ家 16:05 (泊)
 
6/14(金)
平標山ノ家  6:30 
大源太山 7:25
三角山 7:50
毛無山 8:55
浅貝バス停 9:50
 
※お花の名前自分なりに調べてみましたが追記、訂正お願いします!

f:id:yamanomad:20190614203904j:plain

ハクサンイチゲ

f:id:yamanomad:20190614203948j:plain

ハクサンコザクラ・チングルマ・ミヤマキンバイ(八重も)

f:id:yamanomad:20190614204515j:plain

平標山~仙ノ倉山の間のお花畑

f:id:yamanomad:20190614204706j:plain

f:id:yamanomad:20190614205036j:plain

小屋に続く道1か所だけ雪が残っていた

f:id:yamanomad:20190614205132j:plain

仙ノ倉山からの朝日

f:id:yamanomad:20190614205203j:plain

平標山・仙ノ倉山

 

f:id:yamanomad:20190614204241j:plain

イワカガミ(2日間登山道沿いにずっと咲いていた)

f:id:yamanomad:20190614204343j:plain

ミツバオーレン(平標山辺りには4種類咲くそうです)

f:id:yamanomad:20190614211058j:plain

ナエバキスミレ・ツマトリソウ

f:id:yamanomad:20190614211123j:plain

タテヤマリンドウ・シラネアオイ・ハクサンチドリ

f:id:yamanomad:20190614211210j:plain

チゴユリ・マイヅルソウ(2日目に特に沢山咲いていた)

f:id:yamanomad:20190614211356j:plain

シャクナゲ・アカモノ

f:id:yamanomad:20190614211437j:plain

タニウツギ・ムラサキヤシオ・タムシバ・オオカメノキ・ベニサラサドウダン・ナナカマド

f:id:yamanomad:20190614211657j:plain

名前がわかりません・・・




 









6月12日~13日 霞沢岳!ピークハント

6月12日~13日霞沢岳ピークハント

メンバーws

6月12日

槍沢ロッジ~徳本峠小屋泊

槍沢ロッジ6時30分出発。

徳本峠小屋11時到着。

休憩徳沢園15分。行動時間4時間15分。

6月13日

徳本峠小屋5時出発。

霞沢岳到着9時30分

徳本峠小屋14時到着。

ジャンクションピーク行き帰り休憩30分

k1ピーク休憩20分休憩

霞沢岳ピーク休憩40分

トータル休憩90分

トータル行動時間7時間30分

 

今回休暇で霞沢岳にいってきました!

ホントは初日に弾丸で行こうと思ってましたが雨に雷予報が入ったので次の日にアタックを決めたので槍沢出発を遅らせて昼位に

徳本峠小屋に到着予定に変更しました!

小屋はこじんまりしてましたが、

掃除も行き届いていてめっちゃ綺麗で感動

オーナーさんも優しくてまた行きたい小屋になりました!


f:id:yamanomad:20190613180857j:image

ご飯もおいしかったです!


f:id:yamanomad:20190613175231j:image

翌朝小屋からみた景色
f:id:yamanomad:20190613175253j:image



ジャンクションピークにて
f:id:yamanomad:20190613175458j:image

ジャンクションピークからの景色
f:id:yamanomad:20190613175529j:image
k1ピーク
f:id:yamanomad:20190613175549j:image
霞沢への稜線
f:id:yamanomad:20190613175609j:image

ピークにて
f:id:yamanomad:20190613175629j:image

ピークからの景色
f:id:yamanomad:20190613175649j:image

感想としてアップダウンがかなりあり

ドMな訓練山行になりました!

今年は雪が結構残っていたみたいで

ピッケルなど

念のため持っていって正解でした!

ジャンクションピークの少し先は、

夏道に沿っていくのですが、

光があたらない

斜面なのか割と雪が残っていました。しかも

六百山方面にもトレースが残って間違えやすいので、念のためコンパスと地図にらめっこして登ったので地味に

時間かかっちゃいました(^-^;

写真はないのですが、

雪渓がジャンクションピークと

k1ピーク間にエグイトラバースが

二カ所。行きはびびりながら笑

帰りは慣れたのかスムーズに笑

簡単な雪渓も所々にありました!

その他はしっかり夏道でしたので

歩き安いかな!と思いきや雪解けの為

泥んこ祭りでした。

めっちゃ色んなパターンの

訓練になりました!

景色は晴れてホントに気持ちよかったです!頂上でミルクティー作って

のんびりお弁当食べるのは格別でした(*^▽^*)