山人ノマドの活動報告

東京都山岳連盟加盟の山岳会、山人ノマドのブログです。会員の山行記録、会の行事などを紹介していきます。

2018.02.17-18 2月例会山行(登山班)

 
メンバ : (A班)寺島/バンブー/O村(記), (B班)たけぞう
コース : 湯檜曽→湯蔵(ゆのくら)山→ホワイトバレースキー場
 
最近は、山行に行くと記事を書く機会をいただく事が多い。今回も例会幹事、A班リーダーという立ち位置から、言われても良いようにそれなりにメモは取ったりしたものの、湯檜曽駅から一歩踏み出して吹雪の中を歩き始めたりするなら、山行中のメモなど取ってるはずもなく。下山して高崎駅でお気に入りの「上州舞茸弁当」を買って、八高線車内で食って(今年7食目)寝てしまえば、ほとんど忘れてる訳で。もしかして何度も同じ山に行くのは、先日山に行った事自体を忘れちゃってるんじゃ無いか?とも心配になったり。
 
まぁそんな事はどうでもいい。いつも通り過去に何があったのかを教えてくれるのは、山行中に取った何枚かの写真のみ。並べてダラダラっとコメントを付けていく。また、書き残した方が良いポイントは他のメンバに追記していただける事を期待する。
 
今回の計画は次の通り。
 
2/17(土) : A班は18時ごろ高崎駅集合。18:21高崎発上越線に乗車。19:52土合駅着。土合駅ビバーク
2/18(日) : A班は6:38土合駅発水上行に乗車。湯檜曽駅で下車して駅南西の尾根に取り付き、湯蔵山まで上がる。その後、15:00までにホワイトバレースキー場カフェテリアまで降りて、スキー班と合流する。B班は8:29に湯檜曽駅に到着後、A班のトレースを追って尾根で合流。その後はA班と行動を共にする。
 

f:id:yamanomad:20180217193236j:plain

予定通り高崎駅で待ち合わせて18:21高崎発上越線に乗車。敷島駅を過ぎたあたりから風雪が強くなる。乗り換えの水上駅では、保線係が大勢でスコップを持って雪かきをし始めたところだった。

f:id:yamanomad:20180217200446j:plain

19:52土合駅着。462段と26段?を登るのが面倒。改札前に適当に陣取って、上りホームドアから外の様子を見る。

f:id:yamanomad:20180218024003j:plain

土合駅でのビバークは初体験。この日は我々の他に2パーティ4名程度がビバークしている様子だった。

f:id:yamanomad:20180218054209j:plain

5:00に起床。外の様子を見にいく。結構雪が降ったことがわかった。

f:id:yamanomad:20180218062713j:plain

ホーム上をラッセルして待合小屋まで行く。ここまで雪が降ることが気象情報から読み取れないのはまだ水上ビギナーだからか?そして、6:38発の列車が駅に来ない。結局、大雪の影響で45分遅れで到着。A班の予定行動時間もそのまま遅れることになった。

f:id:yamanomad:20180218073341j:plain

湯檜曽駅に到着。実は湯檜曽駅ビバークする話も出ていたが、インターネット上で探してみると実績情報が見当たらなかったので土合駅に変更した。土合より狭いけど、ここでもビバークができそうだ。トイレもある。けど便座は冷たい(笑。

f:id:yamanomad:20180218093143j:plain

標高800mを過ぎた2つ目の鉄塔付近だろうか。よく見ると奥に寺島さんが写っている。登山中は雪が止むことはなかった。ときより吹く強めの風が厄介で休憩する気にもならなかった。

9:30を過ぎた頃にB班のたけぞうさんより尾根取り付き開始の無線連絡があった。11:00頃、A班が稜線上に上がったタイミングで再度たけぞうさんより無線連絡があり、トレースが消えているので撤退するとの連絡があった。A班はスキー場に降りるか、山頂を目指すか、2つの選択肢があったが、降りるにはちょっと早過ぎるので山頂方向に向かって歩き出した。1時間歩いて山頂との距離があと半分のところまで進んだが、このまま進んでも15時にカフェテリアまで降りられるかがあやしくなってきたため、1180m付近で折り返すことにした。残念。折り返しでは、ついさっき付けたトレースが消えかかっていて、再びラッセルをすることになった。トレースがあるからこその下山見込み時間だったので、早めに折り返しておいて良かった。

 

07:45 湯檜曽駅出発
10:30 730m
11:00 1100m
11:56 1180m折り返し
12:45 スキー場着
13:30 スキー場カフェテリア着
15:30 送迎バス乗車
15:53 水上駅高崎行き上越線乗車

f:id:yamanomad:20180220212526p:plain

今回の雪は重かった。スキー場の送迎車のおじさんは、風が強い日は雪が押されるから重いんだよ、と言っていた。風の値はもう少し多めでも良いような気がする。そして、ぼちぼち暖かくなり始めている?
とまあ、こんな感じだった。
 
吹雪いてる最中の行動食について話しがあったが、次回はこいつを試してみようかな。

trailbutter.jp

2018.02.03-04 城ヶ崎

84と2人で城ヶ崎へ。


2018.02.03

風は無いが曇り空。日が無いと城ヶ崎でもやっぱり寒い。浮山橋には他に2パーティいて、自分が登っている最中にスコーピオンをトライしていた方が完登したらしい。いつか登れるといいな。


・トラベルチャンス

各駅停車、核心を何トライもして何とかトップアウト。両腕がパンプした。ホールドとカムの位置は確認できたので、次は登りたい。


f:id:yamanomad:20180205082311j:plain

地面にあるロープがあるクラックのラインがトラベルチャンス(だと思う)


ゲルニカ

トップロープを張ってもらえたので触ってみたが下部で弾かれて終了。前半のムーブを工夫しないと。


スコーピオン(おまけ)

登ってないけど写真だけ。


f:id:yamanomad:20180203095739j:plain


2018.02.04

城ヶ崎付近で宿泊したが、ダラダラと行動していたためスタートは昨日と同じ。快晴だが風が強く結局寒い。

あかねの浜には3、4パーティほど。盛況ではあるけど、そこまで混んでいない気がする。ゴミステーションのバラし便のビレイをしたが、核心をマイクロカムで突っ込み、しかもランナウトする必要がありそうで、見てるだけ手汗がでた。


ホタテクラック

今回の目標の課題。TR→1テン→RPで完登。日差しが弱くなり風も強くなり指を息で温めながら登ったが登れて良かった。リード1回目でテンションした箇所は落ち着いて処理すれば何の問題もなく、メンタルの重要性を改めて感じた。ムーブは多彩らしいが、見栄えのする課題なのでオススメ。


f:id:yamanomad:20180204144150j:plain


セカンドレスキュー時のカウンターラッペル

                                   石田大

 

1月の例会山行で少し試したセカンドレスキュー時のカウンターラッペルの手順、和田さんに頂いた資料をもとに自分なりにまとめてみました。

 

シチュエーションとして大雑把に、

「自動ブレーキ機能付ビレイデバイスセカンドクライマーを確保中、クライマー(要救助者)が何らかの理由で登攀不能となった。要救助者は意識ははっきりしており、またビレイヤー(救助者)が使用できるテンションの掛かっていないザイルの長さが全長の半分以上ある」

 

これからの救助者の行動として、

「要救助者の元まで下降し、応急処置が必要であれば実施。直下の懸垂支点まで介助懸垂で下降したい。」

 

とします。

 

とりあえず今回は、要救助者の元まで下降するところまで。

 

イ:要救助者のザイルを固定、確保しているビレイデバイスを解除

ロ:下降のためのカウンターラッペル支点の構築

ハ:解除したビレイデバイスを用いて懸垂下降の態勢を整え、要救助者の元へむかう

 

さて、手順ですが

 

①ザイルをダブルエイトノットでバックアップ(テンションの掛かっていない部分で)

②クレムへイスト+マリナーノットでテンションの掛かったザイルを固定

③ビレイデバイスを解除(懸垂下降に使用)、クレムヘイスト+マリナーノットにテンションを移す

④懸垂支点を構築(要救助者との体重差が大きい場合は支点にムンターヒッチ)

⑤ハーネスをビレイデバイスをセット(介助懸垂のため、クイックドロー・デイジーチェーン・セルフビレイコードを介してセットする)

⑥ビレイループにオートブロック等でバックアップ

⑦バックアップのダブルエイトノットを解除

⑧マリーナノットを解除、下降開始

 

となるようですが、まだ実地で試していないものでどうなりますやら・・・・

 

 

f:id:yamanomad:20180131070012j:plain

写真はブラックダイヤモンドの「ATCガイド」

セカンドクライマーが落ちるとザイルの右側にテンションが掛かります。

 

 

 

 

f:id:yamanomad:20180131070142j:plain

テンションの掛かっていない側でダブルエイトノットでバックアップ。

※これがないと手順を間違った場合やフリクションノットが効かない場合、要救助者は墜落の恐れがあります!

 

 

 

f:id:yamanomad:20180131070413j:plain

テンションの掛かった側のザイルにクレムヘイスト

 

 

 

 

f:id:yamanomad:20180131071247j:plain

アンカーにマリーナノットで固定

※これから中央のビレイデバイスを解除し、クレムヘイスト+マリナーノットにテンションを移します。左側のバックアップが非常に重要な気が・・・・。

 

 

 

f:id:yamanomad:20180131071324j:plain

バイスの写真左側に小さな穴があります。そこにスリングやカラビナを掛けて写真上方向に引っ張ってやると自動ブレーキが解除されます。

※ちなみにこの「ATCガイド」の穴にはカラビナが入らなかったっす。ペツルの「ルベルソキューブ」はなんとかカラビナが通りました。

 

 

 

f:id:yamanomad:20180131071355j:plain

右側のクレムヘイスト+マリナーノットで要救助者が固定されています。

 

 

 

f:id:yamanomad:20180131073106j:plain

写真左端が懸垂下降時の支点となります。

※懸垂支点とバックアップのダブルエイトノットとの位置関係がちょっと気になります。

 

 

f:id:yamanomad:20180131073215j:plain

要救助者がO村君のような人の場合は支点を制動の掛かるムンターヒッチにするとよいらしいです。なんかこちらのほうがバックアップの解除なんかを考えると安心な気がします。

※ちなみに、写真中央のバックアップの解除のタイミングがイマイチ判然としません。

マリナ+クレムヘイストの効きを信頼するならこのあたりかな?

 

 

f:id:yamanomad:20180131172616j:plain

ハーネスのビレイループにセルフビレイコード、デイジーチェーン、クイックドロー(ヌンチャク)等を介してセットします。写真のクイックドローはカラビナ部分を両方とも安全環付のものに付け替えてます。

 

 

 

f:id:yamanomad:20180131172905j:plain

必ずバックアップを忘れずに!

 

 

 

f:id:yamanomad:20180131173237j:plain

ビレイループとテンションの掛かったザイルをクイックドローでつなげます。

※要救助者の元まできたら、ザイルに掛けたヌンチャクを要救助者のビレイループにかけ替えて介助懸垂します。

 

 

 

 

f:id:yamanomad:20180131173331j:plain

万全の態勢入ったら、最後にマリナーノットを解除して下降開始。

となります。

 

まだ実地での検証が出来ていないので、細かい手順の違いやコツ的ななにかがあるかも知れません。

自分でもなにかの機会に試してみたいと思いますが、皆さんも岩トレの合間なんかに是非検証してみてください。

 

なんか、山やさんのブログみたいになってしまった・・・・(笑)