東京都山岳連盟加盟の山岳会 山人ノマドです。

会員の山行記録、会の行事などを紹介していきます。

ゴールデンウイーク前半の那須

4月27日から1泊2日で甲子温泉から甲子山→旭岳下→三本槍岳→朝日岳→茶臼岳→ロープウエイ→鹿の湯を歩く予定で出発。天気予報は晴れなのに新白河に降り立つと雨が降っている。タクシーで山岳地帯に入ると雨は雪に変わり甲子温泉に着いた頃は完全に雪でした。しんしんと降る雪の中を甲子岳に向かいひたすら登り続けます。一時的に雪は晴れてこれで好天に向かうと思いきや天のいたずらか。視界は悪し、風は強く吹雪状態。マーキングもほとんど見えない。本日の旭岳登頂は無理と判断し、強風下でのテント設営も大変なので目的地を坊主沼避難小屋に変更。途中の水場は運よく見つかり生活水をゲットし新雪をラッセルしながら悪視程下なんとかGPSを頼りにたどり着きました。

f:id:yamanomad:20130428213245j:plain

3時50分着。小屋は快適で我々4人のみ貸切。ストーブとかないので多少寒いが我慢できないほどではない。外はガスで視界は20M程。

テントと違い一人のスペースも広々と取れ、お決まりの宴会で盛り上がり敷布団と毛布がちょうど4枚づつありその上にシュラフをひいて快適に安眠できた。

翌朝は4時45分起床。外はガスで真っ白。昨日からの雪がさらに積り膝上位まである。

この雪をラッセルしながら予定コースを進むのは無理と判断し甲子温泉に戻ると決めた。天候は徐々に回復傾向でチャンスがあれば寄り道して旭岳登頂も考えたが急斜面の古い雪の上に40CM以上も新雪が降った直後なので雪崩の危険性が高いと判断し断念。昨日のトレースが綺麗に消えた雪原をGPSを見ながら戻りました。

f:id:yamanomad:20130428214944j:plain

途中の斜面で

f:id:yamanomad:20130428214539j:plain

断念した旭岳

f:id:yamanomad:20130428215123j:plain

甲子温泉大黒屋に10時頃到着ご温泉につかりビールで乾杯。

昨年も同じ時期に歩いた記憶をもとに、好天、快適なテント生活と春山を満喫するはずがクリスマス山行かと思えるような悪天に見舞われ撤退を余儀なくされた。これも自然相手の遊びなので仕方がないが・・・・・参加者の皆さんお疲れ様でした。