読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京都山岳連盟加盟の山岳会 山人ノマドです。

会員の山行記録、会の行事などを紹介していきます。

五竜岳  L F森 N川(記)

 

毎年、海の日前後の天気は悩ましい・・・梅雨が明けるのか、明けないのか・・・

今年も同様、何日も前からテレビの最初のニュースは、

北からの寒気の流入で雷、落雷、局所的な大雨の注意喚起、

その度にネットで長野の天気予報を見る。

 

逗子は夕方から落雷、大雨。

F森さんは家から駐車場までの30秒でずぶ濡れ状態になる大雨の中を出発。

3連休の初日19日(土)午後10時40分、竹橋毎日新聞社前を出発。

 

20日(日)午前5時、五竜とおみスキー場レストハウス着。

ガスは多いものの、遠くの空は青い。

 

午前7時、1番乗りでテレキャビン、リフトを乗り継ぎ7時40分歩き始める。

登山客は、天気予報のわりに多く、若い人が多い。

雨は降らないものの、登山道はガスの中。眺望はなくても涼しくて快適。

一部には雪渓が数か所残っていた。

 

途中痩せ尾根を慎重に登っていくにつれ、いつの間にかガスが消え

遠くに五竜山荘がくっきりと見え始める。

と、青と緑と白の見事な、大好きな、夏の北アルプスの光景が目前に広がる。

 

昼過ぎに五竜山荘に着いたものの、再びガスが発生。

手の先にあるはずの五竜岳は視界から消える。

山頂ゲットは明日早朝にし、5時の夕食まではたっぷり4,5時間。

普段の生活から考えると、

何もしないことが許されている時間というのは、

言葉では言えないほど私にとっては貴重な時間。楽しい時間。

 

5時夕食。名物のカレーライスはスパイスが効いていて美味。

7時には就寝。

 

21日(日)

午前3時、あちらこちらで山人が起きだす。

昨夜は7時から寝ているのだから当然といえば当然か、、、。

3時20分起床。

4時20分、小屋の下に広がる夜明け前の雲海。

これだけは、雲上の人とならなければ見ることができない。山人だけの特権。

 

山頂ピストンの背中は軽い。

予定どおり1時間でF森さんの100名山、記念すべき80座目ゲット!

五竜岳山頂からは、1年前に登った双耳峰の鹿島槍、その向こうに槍ヶ岳穂高の山郡。

目前には、昨年の夏の思い出の剱岳、裏剱、三ノ窓雪渓、池の平・・・。

仙人池は見えないけれど、でも見えてくる。

 

山も友も、

今年も有り難う!