読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京都山岳連盟加盟の山岳会 山人ノマドです。

会員の山行記録、会の行事などを紹介していきます。

稲子岳応援隊+天狗岳

5月30日~31日  N川・F森

西川(記)

 

元々、5月最週週末は乗鞍への山スキーの為、スケジュールは

あけてあった。 最近は週末の予報となるとだいたいが

雨マークがついており、今回も再々考えたあげく、

1泊縦走ではなく、土曜日帰り四阿山に決定。

 

が、出発前日夜、掲示板にあった石田隊の稲子岳バリエーションを見、

四阿山登頂後、その日のうちに石田隊と合流できればと考える。

もちろん、我々がバリエーションに参加するのではなく、

ただ山で彼らに会いたいなあ・・・と考えて・・・。

 

当初、稲子岳は八ヶ岳東側しらびそ小屋からのアプローチと

思っていたが、石田隊テンバは黒百合ヒュッテと知る。

我々が四阿山下山後、自家用車で八ヶ岳西側にまわり、

黒百合ヒュッテまでテントを担ぐのは無謀と考え、

計画そのものを四阿山から稲子岳バリエーション応援隊に変更。

 

F森車~渋湯~黒百合ヒュッテ・テンバ着午後1時。天気は快晴。

f:id:yamanomad:20150530140704j:plain

石田隊 黒百合ヒュッテ・テンバ着 午後2時。

山で会う山仲間はなぜかどことなく懐かしく、嬉しい・・・。

彼らは翌日バリエーションの準備を先にすませ、

夕方3時半から、天空のレストランで大宴会が始まる。

 

土曜夜、一晩中強風が吹き荒れ、朝、我々のフライは飛ばされていた。

あたりはガスで真っ白。

元々、日曜の天気予報はあまりよくなかった。

 

6時全員でテンバを出発。

石田隊を中山峠で見送る。

f:id:yamanomad:20150531060812j:plain

 

我々は強風と真っ白い中、天狗岳へ。

 1時間で天狗岳山頂へ。

一面ホワイトアウトしていて、残念ながら稲子岳は確認できず。

何度もきたことがある天狗岳、でも毎回違う気象条件で

毎回違う顔を見せてくれる。

 

下山途中、湧き上がるガスの間から時々稲子岳を確認する。

石田隊が取りつきを確認したのは、我々が稲子岳を目視していた頃より

ずっと後の時間だったと後で知る。

さらに彼らが岩を登り始めた頃から、ガスも消え、天候も安定し、

実に楽しい山行だったことも後で知った。

f:id:yamanomad:20150531084810j:plain

 (中山峠手前から見る稲子岳)

 

個人的に山を始めた頃も、ノマドに入会した時も、

初めての雪山も、テント生活も、

都会から近い八ヶ岳が選ばれ、何度となく足を運んできた。

しかし考えたらここ数年は、まだ行っていない山域ばかり選んでいて、

八ヶ岳から少し足が遠のいていた。 

今回、思い切って計画を変更し、良かった。

四阿山は次回に是非。