東京都山岳連盟加盟の山岳会 山人ノマドです。

会員の山行記録、会の行事などを紹介していきます。

武尊岳~赤城山~谷川岳

7月17日~18日 N川 (写真:iPhone7)

 

午前1時 逗子自宅出発。

武尊神社駐車場着、午前4時30分。

林道終点にも駐車場はあるが、見た感じ悪路なので

35分歩かなければならないが、武尊神社に駐車。

車は3台のみ。

武尊岳の登山コースはいくつもあるが

武尊牧場からの登山者が多かったのではと思う。

林道終点には車が10台ほどあった。

 

鬱蒼とした森、

前にも後ろにも誰も歩いていない、

天気も今ひとつで、わずかにあいている隙間から見える空は

灰色で雲は速い。

お天気 もつかな、、、

雨 降るかな、、、

ささっと聞こえる音に、熊?とかなり緊張する。

熊鈴は手に持って常に鳴らす。

登山道は日が当たらい独特の色と湿った空気。

頂上手前は鎖の連続で、濡れたくさりと岩で

足元はかなり悪い。

山頂には別なルートからきた登山者が3人。

残念ながら、視界はゼロ。

晴れた日には、素晴らしい上州の山々が見えるとか。

f:id:yamanomad:20170717080953j:plain

f:id:yamanomad:20170717111346j:plain

 

登ったきた道を下るのは危険と思い、

剣ヶ峰経由の下山道を降りたが、

こちらもありえないほど、滑る、滑る。

木の根と枝につかまりながらも、

これどうやって着地する?というぐらいの高低差。

案の定、どろどろの土の上を滑るが止まらず

着ていたものは泥だらけに・・・。

 

そもそも、この日は朝からついていなかった。

第三京浜を降りて環八に入る時、

右からの車を注意しながらするっと合流したら

いきなりの覆面パトカー。

止まれのサインで、完全に止まらなかったので

交通違反2点減点の7000円罰金。

が~~~~~~ん

気持ちは4時までに駐車場に着きたかったので

とにかく、なんでもいいから、早くしてくださいといった感じ。

 

気持ち引きずったままの武尊山を下山して

まだなお午前11時過ぎ。

天気はよくなってきていたので、

近くにある赤城山へ。

 

赤城山は一つの大きな火山の名称で、赤城という山はない。

カルデラ湖の大沼から最高峰の黒檜山までは往復3時間弱。

こちらは、老若男女多くの登山者で賑わう。

富士山につぎ2番目の長さという広く緩やかな裾野の高原の風が

涼しく気持ちがいい。暑いというより爽やか。

 

f:id:yamanomad:20170717141005j:plain

f:id:yamanomad:20170717151356j:plain

カルデラ湖大沼

 

最寄の沼田ICから10分、道の駅白山の望郷の湯(日帰り)にはいる。

スキーで時々使うが、こちらの日帰り温泉はかなりお勧め。

 

車中泊は、水上ICから数分、道の駅水紀行館。

 

7月18日 

谷川ロープウエイ駐車場に移動、午前4時30分。

4時45分出発。

西黒尾根。整備された明るい登山道。

ただ、気になるのは、ヤマテンの天気予報が雨。

雨が降り出す前に山頂へ。

日差しがない分、暑くなく、今日も涼しい。

登山道は私と、もう一人単独行の女性だけ。

都岳連北稜山岳会の女性で、テントかついで

谷川を馬蹄形に一人で縦走。

今日の行動時間は12時間というからびっくり。

またか細くかわいらしい女性でなおびっくり。

彼女の姿が見えたり見えなかったり、

でも雨が降り出しそうな空模様とは反対に

彼女の存在は心強かった。

登山道にはまだ沢山の高山植物が咲いていた。

f:id:yamanomad:20170718060702j:plain

f:id:yamanomad:20170718063148j:plain

f:id:yamanomad:20170718063628j:plain

f:id:yamanomad:20170718070320j:plain

f:id:yamanomad:20170718072037j:plain

f:id:yamanomad:20170718084823j:plain

f:id:yamanomad:20170718083418j:plain

f:id:yamanomad:20170718084201j:plain

f:id:yamanomad:20170718084428j:plain

 

肩の小屋手前は雪渓上を横断。

f:id:yamanomad:20170718075601j:plain

 

ガスの中にあった山頂、

視界は悪いものの、

空一面を覆う雲が、山頂からしか見えない雲で圧巻。

それだけで十分。

f:id:yamanomad:20170718080626j:plain

f:id:yamanomad:20170718081043j:plain

f:id:yamanomad:20170718081221j:plain

北稜山岳会の女性

f:id:yamanomad:20170718082509j:plain

 

トマの耳とオキの耳を往復し、

下山は天神尾根。

8時から運行するロープウエイが着いたのか

さすが、天神尾根。

多くの登山者でにぎわう。

 

田代尾根で下山予定だったが、

予報通りの雨が降り出し、

ロープウエイで下山。

f:id:yamanomad:20170718103034j:plain

 

2日間で3座登り、

それぞれの天気と、それぞれの山。

これから何が必要で、何が不要だったか

いろんなことを山で考え充実した2日間だった。

 

次に必要なもの、

絶対によく鳴る熊鈴と、熊よけスプレーかな。