東京都山岳連盟加盟の山岳会 山人ノマドです。

会員の山行記録、会の行事などを紹介していきます。

甲武信ケ岳 〜千曲川の源流を訪ねて〜

6月18日(土) 

L 西川(記・iPhone) 隊長 F森

 

甲武信ヶ岳(標高2475m)

字の通り甲州山梨県)、武州(埼玉県)、信州(長野県)の

県境にあるのでこの名がついた。

という説と、山容が拳のように見えるからという説もある。

山頂からは百名山の43座が見えるというから驚き。

日本列島の地図上では、ちょうど真ん中に位置している。

また千曲川新潟県に入ると信濃川)、

東京湾に流れる荒川、笛吹川の水源でもある。

 

東京からアクセスのいい山梨県側、西沢渓谷入口徳ちゃん新道から

入山する人が多いが、ロングコースで1泊山行になるケースが多い。

日帰りで行けるコースをネットで探すと、

長野県側から毛木平駐車場から入るコースがあった。

毛木平駐車場は、ノマドの9月例会小川山でキャンプした折、

宴会食糧調達に使うスーパーをさらにどん詰まりまでいったところにある。

 

この日の天気予報は関東で30度越え。

高山植物を期待するわけでもなく、

なんとなく山の名前からは暑苦しいイメージ。

山行を決めた時から、あまり期待はしていなかった。

ところが、毛木平駐車場はトレイ完備で整備され、

登山道は育った木々が日陰を作っている。

なにより沢からの天然のクーラー冷風が吹いてくる。

実は登山道にある標識で知った、

自分たちが歩いている道は千曲川源流に続く道。

入山から約3時間、ずっと千曲川沿いに歩くコースなのだ。

自然界が作る沢からの冷風は、朝方は寒いほど。

登山口から千曲川源流までの3時間は、

最初から最後まで沢沿いを歩く。

 

源流から20分急登で尾根へ。

さらに20分ほどで山頂。

山頂からは富士山が目の前に見える。

またすぐ手の届くところに金峰山瑞牆山

その右手に八ヶ岳、左手に南アルプス

さらに奥に中央アルプスが霞んでいる。

 

山頂で大休止。

千曲川源流の水でいれたコーヒーは実に美味。

山頂ピストンでコースタイムは7時間15分。

周回コースになると10時間近くになるので

今回は来た道を戻った。

 

f:id:yamanomad:20160618055840j:plain

今週は「ヒロコのほんとの青い空」

 

f:id:yamanomad:20160618061300j:plain

f:id:yamanomad:20160618063928j:plain

f:id:yamanomad:20160618073424j:plain

f:id:yamanomad:20160618123850j:plain

f:id:yamanomad:20160618074847j:plain

ここが千曲川源流

 

f:id:yamanomad:20160618074955j:plain

f:id:yamanomad:20160618082453j:plain

f:id:yamanomad:20160618083415j:plain

f:id:yamanomad:20160618085344j:plain